teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:43/855 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

音楽空間の疑似体験(続)

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2017年12月28日(木)04時13分54秒
  通報 返信・引用
  クラシックについて音楽空間の疑似体験に触れましたので、その他の音楽ジャンルではどうかということですが、クラシック以外の音楽の演奏に触れる機会はほとんどありません。例外は米国に業務や学術団体の行事で行ったときにジャズなどに触れたくらいです。そういった中からCDを探しだして聴いてみました。ニューオルリーンズのトラディショナルでは、路上ライブとプリザーベーション・ホールの演奏のCDがありますが、すぐそこで演奏しているようなライブ感があります。また、ニューオルリーンズのケイジャンミュージックのCDでは、フランス文化のまざったカントリー系の音楽にアコーディオンが加わっています。レセプションに入ったバンドやCDの再生でフィドルの演奏スタイルに近いアコーディオンの指さばきやちょっとトラディショナルジャズっぽい、ナッシュビルのカントリーとは違った土臭いボーカルを思い出させてくれました。これらの音楽について語る資格はなく、記憶も薄れかけていますが、DACU-500とPSI-2000を使った再生で当時の雰囲気だけは伝わってきます。
参照資料:
プリザーベーション・ホール
https://www.preservationhall.com/
http://preservationhall.com/hall/
ケイジャンミュージック
https://www.youtube.com/watch?v=iay9McUEGU8
http://eigonotane.com/archives/72427314.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:43/855 《前のページ | 次のページ》
/855