teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/986 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

バランスアナログアキュライザーの中間総括

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2020年 8月21日(金)04時11分18秒
  通報 返信・引用
  まず、言えることは、バランス接続とアンバランス接続が可能な場合、従来のアンバランス接続におけるアナログアキュライザーに比べてパーフォーマンスがすぐれていることです。ライブ収録音源ではライブ感が向上し、アナログ再生では、盤が変わったかのような印象です。
これまで、3ケ所に使用してみましたが、効果のないところはありませんでした。また、機器の端子の都合上、バランスアナログアキュライザーの使用方向が逆になることもありましたが、問題はありませんでした。
さらに上流にアナログアキュライザーを使用し、下流にバランスアナログアキュライザーを使用するような場合、効果は相加的に発揮されます。また、上流にUSBアキュライザーやディジタルアキュライザーを使用する意味も十分にあります。
後段にバランス入力がない場合、変則的にバランスアナログアキュライザーからバランス/アンバランス変換プラグを通してアンバランス接続としても、その効果が減ずることはありません。
また、その効果は、入力系に関して同軸ディジタル、アナログ、USB、LANなど、フォーマットに関しては、アナログ、AAC圧縮、CD、ハイレゾなどを問いません。以上のように、使ってみて効果がない、あるいは逆効果となるケースはありませんでした。

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/986 《前のページ | 次のページ》
/986