Reload

おたより、連絡、ホームページの感想なんでもカキコんでください。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


幻の3位 氷見市体

 投稿者:キャプテン  投稿日:2011年 7月27日(水)14時55分45秒
  7月24日(日)曇のち晴れ
今年2回目のレース。
コースは海流マリンパーク沖から氷見漁港沖まで。
風は4m/s前後。つばいそに有利な風。
風は北東の風。クローズホールドで進める。
スタートで出遅れたが、その後挽回し、5位に浮上。先行するのは、マム36、ヤマハ33S3艇。氷見漁港が近づくにつれて、風が東にふれ、スピンを上げる。
先行する2艇のヤマハ33Sはスピンを上げるのが遅れ。どんどん追いついて、フィニッシュライン手前ではあわや追い抜けるかというところまで。
僅差で5位着。修正だと先行したヤマハ33S3艇のうち、2艇には勝って、3位のはず。
ところがである。碇泊地を出るときに、沖の赤白ブイの間を通らなければいけないという指示が帆走指示書に。私たちは、不通過。艇長会議に、買出しで遅れたため、聞き漏らし。帆走指示書は別紙に詳細があったけど、なぜか別紙をもらっていなかった。
残念!
 

県民体育大会

 投稿者:キャプテン  投稿日:2011年 7月 4日(月)14時47分34秒
  6月26日(日)曇
1年振りのレース。昨年はスターダストチームに応援をいただき、楽しく参加できましたが、今回はなんとか、我等が愛艇”つばいそ”で参加をもくろみました。2年近く、陸に置かれたままで、船検すら切れていた”つばいそ”をなんとか現役復帰させようと頑張りましたが、レース参加人員はたったの二人、ダブルハンドでのレース。整備、練習も十分でなく、すべてが準備不足。
風速8m/s~10m/s、波高2mの海面に元気よく乗り出しましたが、結果はエクステンションティラーが破損し、無念のリタイヤ。ま、長いことやってると、こういうこともあるでしょう!
来月のレースでは、”つばいそ”が快走するシーンが見られるように頑張りましょう。
 

つばいそ海竜マリンパークへ

 投稿者:キャプテン  投稿日:2011年 6月30日(木)17時06分3秒
  2011年6月12日(日)曇
6月、7月、8月のレースシーズンに備えて、つばいそ(ヨット)を海流マリンパークへ預けることにしました。こうしておけば、黒部から新湊までのレースごとの回航をしなくてすみ、レースにも気軽に参加できます。黒部から石田までの往復50Kmの回航はちょっと疲れますし、天候次第で、中止やら延期やらになってしまいますものネ。
 

黒部名水ロードレース交通整理ボランティア

 投稿者:キャプテン  投稿日:2011年 6月16日(木)15時27分15秒
  2011年5月22日雨
おなじみの2011黒部名水ロードレース交通整理ボランティア。
今年はあいにくの天気で、カッパを着ての交通整理。悪天候のためか、参加者も例年に比べややすくなかったようです。田植えの終わった黒部路にランナーの花が咲きました。
 

県高校駅伝クラブ対抗駅伝交通整理ボランティア活動

 投稿者:キャプテン  投稿日:2010年11月 7日(日)18時46分31秒
  2010年11月7日(日)快晴
今年も交通整理をやってきました。
例年高校駅伝当日は悪天候となることが多いのですが、今年は快晴。気持ちのよい秋晴れのもと、健脚たちが競いあいました。
今年はヨットクラブからは息子と私の二人での参加です。息子はさすがに若いせいか、ランナーが通るたびに”がんばれ”のエールを送っておりました。
後立山連峰には雪が積もり、冬が近いことを告げていました。
 

2010県民体育大会

 投稿者:キャプテン  投稿日:2010年 6月17日(木)23時32分18秒
編集済
  6月13日第63回県民体育大会ヨット競技大型艇の部が開催されました。今年はスターダストヨットクラブの協力を得て参加しました。スタートから最初の上りコース(クローズホールド)までは上位を走っていましたが、フリーのコースになり艇差が徐々に出たようです。
会場へは体育協会からも応援に来ていただきました。天気もよく楽しい一日となりました。運営の皆さんご苦労様でした。スターダストの皆さん、体育協会の皆さんどうもありがとうございました。来年またよろしくお願いします。
 

松山転勤

 投稿者:キャプテン  投稿日:2010年 6月14日(月)00時29分42秒
  お元気ですか?ひさしぶりの投稿です。私は2010年4月より、あの夏目漱石の坊っちゃんや正岡子規で有名な愛媛県は松山市に転勤となり元気にやっております。愛媛は学生時代、堀江海水浴場で合宿したこともあり、非常に懐かしい思いです。先日、5月23日黒部名水ロードレースの交通整理ボランティアで、富山にもどっておりました。私の長男や、その友達に手伝ってもらっての参加でした。富山と四国を行ったり来たりでちょっと大変ですけど、これから富山と四国の友好の輪を広げて行きたいと思います。乞うご期待!!
 

09マリンフェっスタ

 投稿者:manji  投稿日:2009年 9月 8日(火)11時13分12秒
  8月9日今年も体験試乗会を開催しました。
第17回目にあたり「黒部市の顔つくり」としてのイベントへの参加を要望されました。
クラブ員のほか、フィシャリーナに船籍のある長野県のSさん、Kさん、魚津に船籍のあるHさんに協力を頂き、2艘、出艇準備をしました。乗船者は40名、少々風が無く、ヨットの醍醐味に欠けましたが、それぞれ楽しんで頂けました。午前中、隣の石田浜海水浴場で同じ時間帯に宝探しがあって、はじめは出足が鈍り、終わると「殺到」のパターンを解消しようとして、希望者を登録して、先着順位しましたが、やはり順序が前後して、苦情が出ました。急遽Sさんも追加出艇して頂き12時までに何とか終了できました。
 

富山のチューリップ

 投稿者:キャプテン  投稿日:2009年 4月18日(土)20時20分4秒
  お元気ですか?
練習を明日に控え、富山に着てます。入善町に買い物の出ようと、線路沿いを車で走ってると写真のような景色が飛び込んできました。
やっぱり富山はチューリップですね。
 

九十九湾

 投稿者:manji  投稿日:2008年11月24日(月)17時22分10秒
  写真続き  

能登九十九湾

 投稿者:manji  投稿日:2008年11月24日(月)17時18分59秒
  2008年10月11、12日
朝、魚津補助漁港をヨット「顕」号で能登半島九十九湾に向う。今回のメンバーは艇長Hさん、Tさん、ゲストのIさんに黒部ヨットクラブからSの4名、以前からショート・ツアーにはメンバーを組んだことがあるが、1泊は始めて。Hさんは今年の初夏、北海道一周を3ヶ月かけて楽しまれたので、土産話が楽しみにしている。朝9時集合だったが、スパーの開店時間にあわせ新鮮な食料調達に向う。既に献立が決っていたので追加の食材をバケットに入れるが初めてのチームになるので好みが判らず、お互いに好きな物を買い込んだ。9:35漁港で釣の相談をしていた仲間に見送られ出航。ラダーは「顕」のメンバーのTさんが握る。すぐに北に舵をとり、定置網を避け、ポートタックの体制でメイン、ジブを上げる。11:00 生地鼻を過ぎる頃から風が強まる。スキパーの判断でメーンセールを2段リーフする。北上を続けるに従い、時々日がさすものの波が高くなり、飛沫をかむるので上下雨具を着用する。昼を過ぎる頃から波高が2m近く、波長が7-8mになり九十九湾と同じくらいの緯度になったので、西に進路を取る。ここからタックを繰り返し西に向うが、船足が極端に遅くなる。富山湾中央を流れる海流と波による影響と見られる。富山の港から出港した貨物船が次々と前方を横切る。日が西に傾く16:00になっても一向に陸地が接近しない。夕闇が下りるころに九十九湾の灯台を確認できる。半島の陰になったのか波も凪いできた。入り口は狭いので帆を下げ、スポットライトで海面を照らし慎重に機走する。島影を回り込んだところに停泊地があるので、入り江を確認して入り込んだらキールを海底にすってしまう。バックで外そうとするが全速でも身動きが取れない。左舷、右舷に体重をかけて、2,3度ゆすると、するりと抜ける。あやぶく潮の来るまで足止めを食うところだった。以前に停泊した位置でアンカーを降ろす。早速上陸し、九十九湾リゾート「ホテルのときんぷら」の海洋深層湯に向う。何度か波をかむったので顔を触ると潮でざらざらする。荒れた海だったので昼飯は調理できなかったがデナーは艇長がウデをふるい、焼き魚とステーキのご馳走を前に、無事だった乾杯をした。艇長の北海道談義は何を聞いても珍しいことばかり。是非今度は西日本の旅に同行したい。9時間近く不自然な体制で操船していたお陰で、筋肉の疲労が激しく、風呂とアルコールで眠気が襲い、あっというまに眠り込んでしまった。
翌朝、目が覚めると九十九湾の絶景が目の前に広がり、何泊もしたくなる。朝ごはんはカレーを食べ、昨日暗くて見えなかった海辺を散歩する。丁度、漁から帰った高齢の猟師に会い、成果を聞く。ヤリイカのシーズンだそうで、まずまずだったとの事だが、イカは見せてくれないで、自宅へ案内して、昔、北海道へ秋刀魚、にしん漁に出稼ぎに行っていた話が始まった。海岸に面して廃業したホテルがあり、廃船になった観光船がもやってあったりして、幽霊屋敷、幽霊船の雰囲気。能登という地の利では、並みの商戦では勝ち残れない現実がある。1時間ほどで船に戻り、朝ごはんのカレーを食べる。9:00出港、遊覧船乗り場を海から見学して港を出る。昨日の荒れた海とはうって変わって、波も殆どない、風は微風。昼近く白波が立ってきたがランニグで走るも体感速度が上がらない。機走を入れ5ノットにする。機走が勝って、セールがだらしなくたれる。時折、波目に海藻があるのでエンジンを止めてやり過ごす。スピネーカーを出さずにジブとメーンをY字に広げて何とか機走に勝つ。昼は焼きそばを艇長が振舞う。生地鼻が波間に見え出してから3時間でホームポート魚津補助港に接岸できた。2日間まったく違った気候に良い体験をさせてもらった。艇長始めスキッパーに感謝したい。
 

ご苦労様です。

 投稿者:キャップテン  投稿日:2008年 9月21日(日)04時11分58秒
  船台修理ご苦労様です。転ばぬ先の杖といいます。これでこれからの台風シーズンも安心ですね。今回はお手伝いできませんでしたが、マリンフェスタの後で、会長に手伝ってもらって、つばいそをピカピカに磨きました。これからもこのヨットを大事にして行きましょう。  

(無題)

 投稿者:manji  投稿日:2008年 9月17日(水)18時35分3秒
  工事写真その3  

(無題)

 投稿者:manji  投稿日:2008年 9月17日(水)18時34分3秒
  工事写真その2  

工事写真

 投稿者:manji  投稿日:2008年 9月17日(水)18時32分37秒
  工事写真  

(無題)

 投稿者:manji  投稿日:2008年 9月17日(水)18時26分29秒
  ヨット架台の船底を受けている鉄骨部が腐食し、荷重を受けきれなくなったので、マリーナで鉄骨部の取替え工事をした。取替え前の鉄骨(チャンネル)は肉厚が薄く、腐食の進行が早かったので、肉厚を厚いものと取り替えた。船底をうけるU字型に成型してある木部がこのチャンネルに入らなくなったので、幅を木工所で削ってもらう。木部はヨットをクレーンでつりながら、船底部のカーブをあわせ、木ねじで止める。錆が浮き出ているところはスパーグラインダーで削り、錆止め塗装を2度塗りする。クラブ員のTさんは夜勤だったので、交代で何とか2日間で完了した。  

マリンフェスタ2008

 投稿者:キャプテン  投稿日:2008年 8月11日(月)01時20分47秒
   今日は黒部市の夏の一大イベントマリンフェスタの応援を行った。”一大イベント、大げさな”といわれるかもしれないが、黒部市のホームページではそうなっているのである。黒部ヨットクラブは所有艇”つばいそ”号を使って、マリンフェスタの中の一つのプログラムである”ヨット体験試乗会”を担当しているのである。
 マリンフェスタという言葉でyahooを検索すると、なんと177、000件にヒットした。日本は海洋国(島国という人もいる)であるから、全国各地でこのマリンフェスタが行われれているのだろう。ちなみに、黒部はこのホームページの記事が42番目にランクされている。この順番、SEOという手法で検索ワードから最適と思われるページを順番にランクしているのだそうだ。このホームページの記事は、試乗会を手伝ってくれた女の子が事細かにまとめているのである。なるほどあたっているかもしれないと思った。ついでに”黒部漁港”で検索すると、ヒット1,350件で、このホームページの記事が6番目にランクされていた。
 話はそれたが、この行事を10年以上手伝っているのである。黒部市の石田浜海水浴場は、水がきれいで、近くに大島キャンプ場もあることから、県外客が以外と多い。地元出身で、お盆休みに帰省しているということもあるのだろう。この日も、山梨、群馬、三重、東京から来ておられる人が、ヨットに乗ってくれた。夏休みの思い出作りに一役買っているのだと思うと艇の上での地理的なこと、操船方法などの説明にも力がはいる。ボランティアは実に楽しい。
 関係者の皆さんご苦労さまでした。ヨットに乗ってくれた皆さんありがとう。来年もよろしく。
 

富士登山

 投稿者:キャプテン  投稿日:2008年 8月11日(月)01時12分56秒
   7月19日、20日で富士登山にかみさんと行ってきました。初登頂です。関東、東海地方で一斉に梅雨明けし、ご来光もバッチリでした。しかし驚かされたのは、その人の数です。登山道は人で埋め尽くされ、渋滞することもしばしば。これほど多くの人が頂上を目指す富士山は、やはり日本人の心の山なんだなと痛感したのであります。  

武奈が岳登山

 投稿者:キャプテン  投稿日:2008年 7月11日(金)08時44分36秒
  2008年7月10日(木)かみさんの運動不足解消に(私の体力増強も兼ねます。)滋賀県の武奈が岳に登って来ました。かみさんの休みに合わせて有休取って木曜日に登ったので、頂上はほぼ貸し切り状態。天気は曇りで今一でしたが、とても涼しくて最高でした。
 
    (管理人) 皆さん、メタボ対策やってますか?体が資本ですからネ。しっかり鍛えましょう。  

琵琶湖ミドルボートクラブ第3戦

 投稿者:キャプテン  投稿日:2008年 6月30日(月)07時07分25秒
編集済
  6月29日琵琶湖ミドルボートクラブ第3戦にラパンブルーさんのクルーとして乗っけてもらい、参戦してきました。雨中でのレースでしたが、結果は、着順1位、修正でも1位と完全優勝でした。ジブトリマースピントリマーを担当し非常にいい勉強になりました。写真はレース終了後のパーティーの模様です。アットホームな雰囲気で楽しい思い出となりました。
ラパンブルーオーナー様、同乗クルーの皆さん、レース運営の皆さんはじめ関係者の皆様どうもありがとうございました。
 

/3