teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


高田先生のご卒業を祝う会

 投稿者:酋長  投稿日:2013年 3月23日(土)11時13分18秒
  高田ゼミOBOG各位

 個別にメールでもお送りしてありますが、こちらにも掲出しておきます。

日時:3/31(日) 15:00~18:00
場所:アイビーホール青学会館 2階A室
http://www.ivyhall.jp/access.html
会費:¥6000 (会費¥5000に記念品代¥1000を加えさせて頂きます)
内容:
本年7月を以って青山学院を退職される事になった高田先生の青学ご卒業を祝い、
お世話になった感謝の気持ちをゼミOBOG一同から伝えられる会にしたいと思っております。
同時に、高田先生が共著としてご執筆された本がこの春に出版予定なので、そのご紹介もして頂きます。

短い時間ではありますが、高田先生との想い出を語り合い、
高田先生のご退職の節目に、先生の『記憶』と『想い出』に残る1日にしたく、
ご案内かたがた、皆様のご協力をお願い申し上げる次第です。

備考:
○当日はメッセージカードを記入頂きたく、ペンの類いをお持ち頂けます様お願いします。
○『高田ゼミと私』『高田先生との想い出』というテーマに基づき、
 お話したい方にはスピーチをして頂ければと存じます。
○記念品として、『想い出』の集大成となる写真データが入ったデジタルフォトフレームをご用意します。
 残念ながらその中身となる、写真データが不足しており、卒業後の写真はあるのですが、
 在学時代の写真が不足しております。
 皆様のお手元にある高田ゼミ写真がありましたら、以下のアドレスに送って頂けますと幸いです。
○その際には、★j-pegデータ ★写真1点が500KB以上5MB以下
 でご手配頂けますと幸いです。
 難しい場合は、こちらで対処致しますので、未加工で送って頂いても構いません。
 スピードを優先して頂けると、助かります。
 写真データ送付先:geronimo30s@ka2.so-net.ne.jp
 町田 元宛
○デジタルデータになっていない紙焼き(写真)でも、いい写真をお持ちであれば、是非お貸し下さい。
 ご手配頂ける写真をお預かりしてこちらで取り込みます。
 その場合は、郵送先をご連絡させて頂きますので、メールにてご一報頂けると幸いです。
○当日、現段階である写真データを元にしたサンプル映像をお見せ出来る様にします。
○会当日の写真も撮影したものを後ほど加えて、高田先生には贈呈させて頂きます。
 
 

フェリス

 投稿者:酋長  投稿日:2010年 5月 6日(木)01時22分10秒
  高田チルドレンの皆様にお知らせです。
先生、今年の春から横浜のフェリスでも1日教えていらっしゃるそうです。
どんどんエリアも広がってますね…。
というか女子大ステージが広がってる…?(^^;
流石の亮もここまではサプライズ受講出来ないだろうなぁ…。
 

高田先生よりのお誘いです…

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 7月17日(木)13時05分27秒
  皆様

7/28、前期試験の後、午後5:30からゼミのコンパを大学から歩いて
5分ほどの「野菜畑」(03-3499-2465)という所でするのですが、
引き続いて7:30頃からOBOGの親睦会をやりませんか。

場所は青山通りに面した元の紀伊国屋の並びで渋谷寄りの所です。
参加できそうな方はご連絡ください。また、知人にも声をかけて下さい。

今年のゼミは28名もいて到底一人ひとりの名前は覚えられない
状態ですが(歳のせいにはしません)、明るくって、飲み会の好きな
クラスです。

高田賢一
 

ありがとうございました。

 投稿者:田村晴美メール  投稿日:2008年 3月17日(月)19時38分23秒
  高田先生、そして9日の読書会に参加された皆様、ありがとうございました。とても楽しい時間を過ごすことができました。昨年に引き続き読書会に参加させていただきましたが、自分の知らなかった本を知ることができたり、自分が思いもしなかった解釈に出会ったり、毎回何か新しい発見や学びがあります。今回は、特に「おおきな木」の著者の朗読によるCDを聴けたことが印象に残りました。卒論の発表や「ゼミ誌」もすばらしいですね! よい刺激を受けました。新年度の高田ゼミのますますの発展をお祈りしております。  

お疲れ様でした!

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 3月10日(月)23時34分20秒
  亮、凄いじゃん。ちゃんとアップしてて偉いな…。少し概要が分かってありがたいです。
アルコール入った後のだだ漏れじゃないじゃん。レクター要らずになってきたな…。(^^;
でも、レクターと俺がいなくて寂しかっただろ…?

篠原さんの自己紹介って聞いてみたかったなぁ…。そんなにインパクトあったの…?
詳細教えてよ。(しのP言うな!長幼の序をわきまえよ!)
武田・大岡コンビの発表も遅刻で聞けず残念です。ごめんね…。
後半の高田ワールドだけ堪能出来て、それだけでも行けて良かったです。

でも、懇親会に行けず久しぶりに会う皆さんと話が出来なかったのは心残りです…。
高田ゼミを合コンと履き違えてるハイエナ君にもまみえなかったし…。
懇親会の速報も頼むよ、亮!
 

続続々読書会

 投稿者:メール  投稿日:2008年 3月10日(月)19時12分1秒
  いよいよ今回の読書会のトリ『The Giving Tree』、『Corduroy』です。
まず、『The Giving―』では作者自身による貴重な朗読CDを拝聴した後は、先生の講評でした。木がただの無償の愛を施す存在ではなく、貢ぐことの快感、PRESENTは自分のところにとどめるための政治的な愛でもある、との件は圧巻でした。
一転変わってほのぼのとした『CORDUROY』では、「ウィリアム・サロイヤンの『わが名はアラム』『人生喜劇』は就寝前に読むのに最適」、「チェルシーホテルをNYでの定宿にしていた」、「米国は健康保険に入ってないと医療費がバカ高い」など話は脱線?しながらも、最終的には人種問題、マイノリティが差別を克服する物語でもあるとの説に帰結されていたように思います。物語の結末での先生のお気に入りのセリフ、「I LIKE JUST THE WAY YOU ARE」=小田和正説に噛み付いたのは、お隣の小宮さんとそれを言うならビリー・ジョエルの「素顔のままで」でしょ!と意気投合したためです。失礼しました。
最後に『Corduroy』の子供用の朗読CDを聞きながらほのぼの終了となりました。
以下、懇親会に続く!か
 

続々読書会

 投稿者:メール  投稿日:2008年 3月10日(月)18時20分30秒
  その後、卒論生の武田さん・大岡さんが登場。それぞれ卒論は「マドレーヌシリーズ」「センダック作品(かいじゅうたちがいるところetc)」がテーマでした。しかし、ここでも先生のドリンクオーダー攻撃で、再び武田さんの発表はオアズケ状態。次の大岡さんパートでは発表中に給仕3~4名が会場に乱入!ドリンクサービスによって、発表が3分ほど分断される微妙な展開となりましたが、なんとか無事終了。波状攻撃のごとくハプニングに襲われながらも、めげず発表を終えた2人に拍手!この時点で時間は3時過ぎ。
トイレ休憩を挟み、次は院生2人の発表。白百合の谷村さんは「幼年文学について」、望月さんは「足長おじさん」となりました。途中先生が自ら差し入れ頂いたスイーツに舌鼓をうちながら発表に耳を傾けていると、気づけば時刻は4時過ぎに。
 

読書会

 投稿者:メール  投稿日:2008年 3月10日(月)17時52分18秒
  のっけからとっちらかり(アイビーホール 2時~)
今回の読書会の会場は04年にゼミOB・OG同窓会&『アメリカ文学のなかの子どもたち』出版記念パーティーを開催した思いで深き校友会2階・奥の間でした。進行役を自ら務められた先生は、「さて、どうしましょうかね。先に卒論生からいきましょうか」といきなりオキテ破りの順序変更!発表準備段階で思わぬトラブルに見舞われハンドアウトを用意できなかった最初の発表者・武田さんはさぞや焦りまくったことでしょう!!しかし、結局は当初の演目通り出席者が時計回りに自己紹介をすることに。長四角にテーブルを囲んだ諸氏は、さすが高田DNAを植えつけられた面々だけあって、ひと味もふた味もある自己紹介でした。中には先生をタジタジとさせる猛者の弁舌もあり一同爆笑でした。(しのピー最高!!)
 

頭の中のゴム消し

 投稿者:メール  投稿日:2008年 3月10日(月)16時52分31秒
  高田先生、読書会・懇親会にご出席のみなさん昨日はお疲れ様でした。久々に青キャンを訪ねれ、学生時代と変わらぬ悠久なる先生の語り―、高田先生、何事にも変えがたき貴重な時間を頂きましてありがとうございます。
残念ながら、都合により参加できなかったかたOB・OG・現役生のためにも、第3回読書会のサマリーを一丁やってみようと思います(パチパチ)。なお、当方の記憶力は手のひらですくった水のごとき、特にアルコール注入後はダダ漏れ状態…、もとより高田ゼミのレクター博士こと怪物的記憶力を誇る榎本氏のメモリーには及びませんので、そのあたり割り引いて頂ければこれ幸いです。前置きはさておき~
 

突入しま~す!

 投稿者:  投稿日:2008年 1月21日(月)11時52分39秒
  いざ9号館へ結集せよ!  

21月の件

 投稿者:Mai SUYAMA  投稿日:2008年 1月18日(金)13時01分25秒
  >高田先生

お店の手配、有難うございます。
野菜畑は一人でランチにも行きます。

>酋長

取り纏めて頂き、有難うございます。
18時過ぎるかもしれませんが、出席でお願い致します。
 

いけね…

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 1月18日(金)01時11分20秒
  またやっちゃった…。
1/21(月)18:00~ 青山「野菜畑」にて、高田ゼミOBOG新年会です。
結局、高田先生に仕切ってもらってます。
数名、現役生も来るかも…との事です。

予約の数を適当な歩留まりで入れてる状況なので、参加される方はこちらに表明お願いしますね。
高田先生のお店ゆえ、高田先生に迷惑かける事になってしまうので…。よろしくお願いします。
 

テラビシアにかける橋

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 1月18日(金)00時59分13秒
  「ゲド戦記」、読まなきゃ…と思いつつ、入手するも、時間なくまだ…。

その前に、先日の高田先生との会話で「テラビシアにかける橋」を読んでしまいました…。
いや、かなりいい感じです。
私の永遠のテーマ「イノセンス」にあふれてます。映画が楽しみですね。(^^;

「紅の豚」はいいよね。当時ANA担当だっただけに、「またJALにやられた…」って感じでした。
「浪漫飛行」もそうだったけど、やられた…って感覚は競合相手には凄く嫌なんだよね。(苦笑)
 

MY SWEET LORD!

 投稿者:  投稿日:2008年 1月16日(水)21時24分28秒
編集済
  すいません、自分の誕生日(齢40!)に先生から「君には単位はやらん」がごとき不合格メールを受け取ったあと、失意のホールデン君よろしくNYに家出するわけにもいかず、ショック状態のまま、仕事で缶詰状態になっておりました。(おかげで、原稿は谷あり谷あり!最後まで波にのれないまんま、難渋しました)明けたところで、「9日開催」の朗報に喜びも2倍!いえいえおちゃめな先生だけに、まだまだどんでん返しがある可能性もあり、半信半疑でおります。
特講のテーマの「ゲド」ですが、数年前にジブリで映画化という話を聞きつけ、公開前に一気読みする計画をたてましたが、記憶に残ったのは1巻の影との戦いだけ、後半は惰性で読んだ記憶があります。しかも、映画のほうもあまりの下馬評の悪さに未見もままです。(ちなみにジブリでは「ハウル―」もきな臭い匂いを感じつつ見てません。自分の中では「千尋」と「紅の豚」が2強です。飛ばねぇ豚はただの豚だ!は名セリフ)
そんなわけで、来週は昼抜けできるよういまからがんばりま~す
 

予定日の訂正――ゼミOBOG会の開催

 投稿者:高田賢一  投稿日:2008年 1月16日(水)14時49分21秒
   すでにお知らせしましたゼミOBOG会の予定日の訂正お知らせです。申し訳ありません。
日時は3月9日(日)2-5時、場所は青学会館です。その後、懇親会を開きたいと思います。

近々、メールもしくは葉書で詳細をお知らせする予定です。
 

飲み会日程の訂正

 投稿者:高田賢一  投稿日:2008年 1月15日(火)22時00分51秒
   2006年度ゼミ生による飲み会は、1月19日(土)の間違いでした。すみません。
夜6:30に渋谷のマークシティのエスカレーター横で待ち合わせです。体調さえ
よければ、参加の予定いです。鼻かぜは長引きますね。

 今日は白百合の大学院クラスで、発表を次つぎと聴いてきました。
さすが神宮先生の教え子たちで、将来の児童文学研究の最先端に立つような
人たちです。私が甘いもの好きなのを見抜かれ、いつも教卓には飲み物とケーキか
クッキーが用意されているのは嬉しい限りです。

 院生の発表の後、私はゲド戦記の作者を高く評価しつつ、作者批判を述べてきました。
その詳細は、1月21日の特講でお話しいたします。つまり、予行演習をしてきたのです。
 

飲み会?

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 1月15日(火)01時58分34秒
  先生、1/16は土曜日ではないのですが、
1/16と土曜日とどちらが正解ですか…?(^^;

ちゃちゃいれてすいません。どちらも行けない感じなんですが…。
只今、愚息が「お受験」モードで、2月の中旬までは振り回されそうです。
っていうか、もう…。昨日1発目で、早稲田大学まで行って来ました。
お参りか…?って位人がいました。(苦笑)

3/16は伺います。先の事は分からない身ではありますが、何とか調整します。
また、1/21もゲリラするつもりでスタンバイしてます。
宜しくお願いします。
 

ゼミOBOG会の日時決定

 投稿者:高田賢一  投稿日:2008年 1月14日(月)21時58分51秒
   第4回のゼミOBOG会を3月16日(日)、午後2時ー5時まで、青学会館で開催いたします。午後6時頃から、懇親会を予定しております。多くの方々の参加を楽しみにしています。詳細は2月初旬頃までにメールか葉書にてお知らせいたします。

 取り上げるのは次の2冊の絵本を予定しています。愛と思いやりがテーマの一つです。
 ①シェル・シルヴァースタイン(Shel Silverstein)の『おおきな木』(The Giving Tree, 1964)。
 ②ドン・フリーマン(Don Freeman)の『くまのコールテンくん』(Corduroy, 1968)。
 

2006年度ゼミ生の飲み会

 投稿者:高田賢一  投稿日:2008年 1月12日(土)12時14分43秒
   急な話ですが、2006年度ゼミ生から、渋谷での飲み会の誘いがありました。
1月16日(土)6時頃からとのこと。場所は未定ですが、先輩、現役生の参加を歓迎との
ことです。場所が決まり次第、改めてお知らせします。
 

ゲド読んでも見てもないけど…

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 1月 9日(水)00時02分11秒
  昨年はクライアント事情というか、仕事の為伺えませんでしたが、
今年は満を持して(?)特講を拝聴したく、調整します。
その日の午後は半休とって、講義の後は宴会だな…。

あ、小田和正は好きですよ。毎年「クリスマスの約束」も見ております。(笑)
 

ラブストーリーは特講に・・・

 投稿者:  投稿日:2008年 1月 8日(火)19時57分7秒
  高田先生。年初からわたくしめの厚顔なるおねだりに満額回答いただきましてありがたき幸せです。
しかしながら、小田和正を引き合いに出してまで、不意打ち訪問に釘を刺さされるのは、よほど前回の「潜入取材」がトラウマになってしまっている(毎年この時期になると階段教室にはみだし生徒が断りもなく出現するという世にも恐ろしい悪夢にうなされるとか)と考えるのは詮索しすぎでしょうか?神聖なる教室で、潜入した狼藉者に対して飛んだ、「お前、いつからいたんだぁー」という怒号がいまだに耳に焼き付いております(繰り返し失礼しました)。
とまれ、ご招待いただいたからには、当日参加できない牛丸さん、すやまい嬢、はたまた全国の高田ファンOBOGのためにも是が非でも参加したい所存です。出席確定の際にはあらためてご連絡差し上げます。
以上、先生と同じくどちらかと言うと小田和正は苦手なサイトーでした。
 

ゲド…!

 投稿者:Mai SUYAMA  投稿日:2008年 1月 8日(火)14時34分58秒
編集済
  牛丸様に引き続き、わたくしも是非お伺いしたいのですが…。
年末逃亡しておりました故、暫く仕事をお休み出来そうにありません(涙)。
という事で、亮様の講義ノートを期待しております!!!

『ゲド戦記』は宮崎映画を観ました。原作は読んでいないのですが、先生がどのようなお話をなさるのか気になって気になって仕方がありません。

お寿司、良いですね…。
 

おお、ゲト戦記!

 投稿者:うしまるママメール  投稿日:2008年 1月 8日(火)01時46分36秒
  高田先生、メッセージをありがとうございます。
ほんとうに娘のひなたに兄弟をプレゼントできてよかったです。
ひなたには申し訳ないけれど、ひとりが精一杯かと思っていたので。
でも人生というか、命というか、そういうものは人間の思案の外にあるのですね。
とはいえ、これ以上の複数にはたぶんならないかとは思いますが(照笑)。

さて、ゲド戦記をされるのですね!
私も「千と千尋の物語」をきっかけに耽溺しました。
ああ、わたしも伺いたい!
・・・(涙)。
 

今年最後の特講

 投稿者:高田賢一  投稿日:2008年 1月 8日(火)00時03分46秒
  齋藤君、その他の方々。
 もし来るのなら、前のように、不意打ちをかけないで(小田和正風の言い方)。日時・教室は以下の通りです。
 1月21日(月)13:10-14:40、場所は9号館3階930教室。できれば研究室に顔出ししてください。場所はガウチャーホール10階、1017室。
 当日は、前期の試験答案返却と後期試験の予告で、話は後半の30分程度になる可能性が
あります。
 ル=グィンの「ゲド戦記」を男性より女性を描くフェミニズム文学として紹介する予定です。結論は、児童文学は未来に語りかける大切な文学ジャンルでは、という点にあります。
 高田も毎年、少し進化しているところをお見せします。まだ、成長中なのです!
 

ありがとうございました。

 投稿者:酋長  投稿日:2008年 1月 7日(月)01時14分12秒
  御礼が遅くなり申し訳ありません。
高田先生からのご指示で「赤毛のアン特集」の番組を録画し、見ました。
私にとっては未開の世界で驚きました…。あんなにも人を惹き付けるコンテンツだったのですね。
トムソーヤーは読んでも、対局にある赤毛のアンは男にはどこか接し辛いものがあったせいか、
その奥の深さに気づかないでいました…。

番組そのものが、どこか高田先生のゼミの雰囲気に近いものがあり、
無性にまた高田ワールドに触れたくなり、送ればいいものをDVDをお届けに立川まで押し掛けた次第です。
結果、ご馳走になってしまい大変恐縮しております。
海老で鯛を釣るが如くですね…。御馳走様でした。

3月にはまたOBゼミ会を開催頂けるとの事。楽しみな事この上ありません。
何かお手伝い出来る事があれば、何でもやりますので、お申し付け下さい。
 

綿谷麻友子さん挙式その他

 投稿者:高田賢一  投稿日:2008年 1月 4日(金)20時57分29秒
   2004年3月卒の綿谷さんが3月23日に挙式とのこと。お誘いを受け、列席いたします。イタリアでのインテリア・デザインの勉強が2年近く、相手は国政経卒の方とのこと。
 岡本奈々さんに女の子誕生。生まれましたのカードをいただきましたが、それが卒業した後の初めての連絡でした。体調はどうだろうと心配していたものですから、勝手に結婚し、子どもまで作っていたのですね。私専属の指圧師なものですから、喜びも大きかったです。
 もう一つ、鹿島女史に第二子の男児誕生とのこと。よく頑張りました。子どもは複数いるのがいいのです。「二人」とは言いません。「複数」です。また、頑張るんでしょうね。
 最後に、臨海のBumbuという都の施設でゼミOB会合宿をしたときに、飛び入りで参加した白百合の森田さん。彼女はその後、聖心女子大の大学院に進み、聴講生として今も教えていますが、あいかわらず「赤毛のアン」に浸りきっています。彼女からのメールで、1月3日夜に教育テレビで「アン特集」の番組の愛読者としてテレビ局の観客席に出ますとお知らせがありました。アナウンサーの真後ろの席で、バッチリ顔が映っていました。好きなものがあるというのは、凄いことですね。「赤毛のアン」を初めて読んだのも、彼女がきっかけでした。今では愛読書です。
 本当の最後。家のビデオの調子が悪く、町田君にその番組のダビングを頼みました。早速、立川までDVDを持参してくれました。駅でそのまま「ジャーネ」というのは失礼です。無理に誘って夕食に付き合ってもらいました。
 有難いのは教え子の皆さんですね。いつの間にか昔の教師の面倒を見てくれるほど大きくなったのですから。リクエストもあり、体調もよいので、3月末にまたOB会を開催したいと考えています。詳細は近々お知らせします。
 

大晦日

 投稿者:うしまるママメール  投稿日:2007年12月30日(日)23時53分44秒
  ですね。
祝いのお言葉を頂きながら、失礼していてごめんなさい。
何とか年内にお返事を、と思いやってきました。
榎本君、須山さん、そしてゆっこ!
メッセージありがとう!
本当に一人の時は今思えば楽勝だったはず・・・、
でも同じようにテンパっていたよなあ、慣れてなくて。
でも兄弟をつくってあげれてよかったなぁと実感しています。
あ、泣き声が・・・。
ではみなさん、よいお年をお迎えくださいね。
日々の家事育児で精一杯で大晦日気分にまったくなれない牛丸より。
 

おめでとうございます

 投稿者:Mai SUYAMA  投稿日:2007年11月19日(月)13時39分24秒
  2005年卒業の高田ゼミ生、須山真衣と申します。

牛丸様、この度は誠におめでございます!
酋長よりご連絡頂き、掲示板を覗いて見ると既にお祝いの書き込みが!

2年前、新木場でのゼミ合宿の際、天使のような可愛らしい女の子を抱いていらっしゃったお姿が鮮明に思い出されます。
まさに一姫二太郎、益々素敵なご家庭を築き上げていかれますよう、心よりお祈り申し上げます。
 

おめでとうございます。

 投稿者:エニー  投稿日:2007年11月13日(火)17時32分32秒
  牛丸様。第2子誕生、おめでとう!
その境地に立ってはじめて、一人のお子さんだけだったころは今に比べれば「楽勝」だったとか思うこともあるやもしれませんが、きっと、嬉しさ・愛おしさが大変さを上回っていることでしょうから、体調に留意しつつ子育てがんばってください。
女の子と男の子では、頭のてっぺんから立ち上る匂いも違ったりしない?
初乳の免疫力はあるかと思いますが、寒さも強まってきているのでカゼ等に気をつけてね。
 

町田くん、ありがとう!

 投稿者:うしまるママメール  投稿日:2007年11月11日(日)15時36分29秒
  旧姓鹿島です。
町田くん、みんなにアナウンスありがとう。
掲示板時折眺めながら、「書こうかなー」と思いつつ二の手を踏んでいましたので、
告って戴き大変ありがたいです。

いえ、この年で出産が恥ずかしいのではなくー、自分から言うのが恥ずかしくてさー。
いえ、「この年でー」なんて書いていますが、自分ではそんな自覚もなく、
「根性座ってるのかー私」
「あ、そうか、ジャガーなみなのねー」という感覚です、はは。
なにせ旦那さんがああなので、自分はとっても若いつもりなのです。

これから男の子の子育ても楽しみです。
またまたゼミ会が遠のいてはしまいましたが、どうぞお忘れなく。
ではまた!
 

レンタル掲示板
/8