teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


関係者さんのおっしゃる通り

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2017年10月26日(木)17時09分24秒
返信・引用
  たしかに、安物なら何でもいい、とはならないですね。

それに、今まで各自が音が良いと感じて使用していた機器の良さをそのまま引き継いで、さらに本質的・決定的な改善を加えることができるというのが、デジアキュの大きなメリットのようです。
 
 

安物オーディオ

 投稿者:関係者  投稿日:2017年10月26日(木)15時24分11秒
返信・引用
  安物オーディオ機器をそろえてもデジアキュさえあれば良いと勘違いしないでください。
プロ用機器で安価なものがそこそこオーディオに使用できるのと同じ用に、安物オーディオ機器でも基本的な音質のものが有ります。スピーカーやカートリッジなど名人芸を要するものは安物で代替はききませんが、回路のある機器なら上記のラッキーな結果は可能性が有ります。
 

すべてのデジタル系終端に使いたい

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2017年10月26日(木)12時08分48秒
返信・引用
  デジアキュ的技術がデジアナ変換の直前に必要なのがよくわかる説明がいただけてうれしいです。
本来ならDACの回路内に使われるべき技術なのでしょうが、現状ではデジアキュをDACの入力端子で使用するのがベストですね。
今回は変則的なことはせずに原理に沿った使用方法を心掛けたいと思っています。

いつになくマジメな感じのAquirax@Tokyoですが、今まで以上に大騒ぎする甲斐があるとも思ってます。

 

おおっ!一番欲しかった答えが!

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2017年10月26日(木)11時42分54秒
返信・引用
  BNC変換プラグ・・・いやいや、それだけじゃなくて、他の部材も機器も何でもOK!!
これこそが伺いたかったポイントでした。
安心して安物買おうっと(笑
 

何しても変わるデジタルオーディオ

 投稿者:関係者  投稿日:2017年10月26日(木)10時33分55秒
返信・引用
  デジタルオーディオは何をしても音質が大きく変化します。
CDの材質、機器の振動、部品の材質、形、電源ノイズまあ言ってみれば
何万種類のノイズパーツが総合作用して音質を決めているのです。
ノイズパーツの中で音質変化の大きい部分で音色が比較的万人向けなものを
選んだのがオーディオアクセサリー?根本的に音楽の成り立ちに係わってはいません。
今心配されているBNC変換プラグですが、インピーダンスによる問題を含め変換プラグも
それほど変化を起こさない何万種の内の一つと考えていただくのが精神的に良いと
思います。心配なさらずともデジアキュはささいなことをカバーしてしまう実力が
有りますので大丈夫です。
 

ディレイライン

 投稿者:関係者  投稿日:2017年10月26日(木)10時24分26秒
返信・引用
  原理的には位相と時間軸を超精密に調整したディレイラインです。
ディレイラインはフィルターでは有りませんから周波数特性の減衰は
有りません。残念ながらオカルトオーディオには参加出来ませんでした。
 

PC用にDACが欲しくなってきた

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2017年10月22日(日)19時06分7秒
返信・引用
  デジタルアキュライザー、発売されてもいないうちから、もうPC系にも入れたくなってきました。
我が家ではDAC機能が付いたUSB-101からアナログ出力しているので、デジタル出力で使おうとすると、新たにDACを加えることになります。
好きなんです。こういう本末転倒な使い方が(笑
 

探してみたら

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2017年10月20日(金)18時31分54秒
返信・引用
  変換アダプタの話の続きです・・・・・
ネットで探したら、75Ω表記の製品で一個当たり500円を切るものがありました。
それでも一般品とは一桁違いますが、恐れていたよりはずっと安かった(笑
10個セットで売っているのがナンですので、ここはパーツ屋を当たってみるべきかも。

 

75Ω

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2017年10月20日(金)18時09分40秒
返信・引用
  オス-オスのアダプタでクロックレシーバーとDACを直結できないか?とか、余計なことまで考えてしまいました(笑
私の場合、BNCメス-RCAオスのアダプタが1個あれば現状の接続で使えますが、75Ωの変換アダプタとなると一般品の価格とは桁が違ってきます。
以前カナレの映像用RCAプラグが安価でも75Ωという話がネットで流れたことがありました。
でも、カナレのカタログではそんなこと一言も謳ってなくて、実際には75Ωをキープできる製品は高額にならざるを得ないようですね。
 

ついにお披露目

 投稿者:KT@三重県  投稿日:2017年10月20日(金)01時22分45秒
返信・引用
  まずは「○○」に到達された事を、お慶び申し上げます。
デジタル黎明期に大手メーカーで結構な費用を掛けてクロック精度と音質の相関について研究機関に依頼して測定したが有意な差が出ずにナゾのままだった事を、インフラノイズ社はコントロール出来る知見を得るに至り、我々はその恩恵を受けられる幸福に感謝したいと思います。

いわゆるジッターの一言で片づけられる事では無く、ミクロな波形の時間軸のゆらぎを超えた、もっとマクロで大きなモード、系の音質に与える影響についてコントロールする術を手中に収めたという事なので、これをもってデジタルオーディオ技術の完成を見たと言っても過言ではなく、まさしくインフラノイズ社の技術の集大成であると言えます。
(まだ音を聞いてないのに言いすぎですか?)

SPDIFの教科書通りならクロック精度は上流に依存するが、そもそもDAコンバータ自身がノイズ源で、その他にも信号を汚すさまざまな要素があり、実際にはDAコンバータにできるだけ近い位置に良質なクロックを供給する方が良い結果が得られる事が多いとの事なので、できるだけ近い位置で「○○」を改善する為に「もう片方をD/Aコンバーターの入力端子に直接差し込む仕様」も納得。

また、この形状からケーブルは入力側に1本の接続でチューニングされていると考えられ、わざわざオスメス変換コネクタを用いてケーブルを両端に接続しDACから遠ざけて、アリエナイザーの上に置く意味は無さそうだし、形状が円筒なので安定もしないですね。

RCA-BNC変換コネクタが必要な場合、75オームのものを入手しましょう。
(片側RCAだと自動的にオーディオ用なので75オームといちいち断ってないものが多いようですが気にしておいた方が確実でしょう)

50Ωコネクタと75Ωコネクタの違い
http://coaxial--connector.com/hikaku.php
 

BNC端子

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2017年10月19日(木)19時04分51秒
返信・引用
  うちもDACへの接続はBNC端子ですので、変換アダプタが要りますね。留意点とかあるんでしょうか?  

クロックジェネレーター

 投稿者:関係者  投稿日:2017年10月19日(木)17時05分14秒
返信・引用
  全てのクロックジェネレーターは不要とは言わないけれど、自動車が一台買えるクロックジェネレーターは不要?GPSクロックジェネレーターを既にお使いの方はそれなりの?相乗効果もあるのでご心配無く。でもこの値段で超高価なクロックジェネレーターと勝負しますと言ってだれも相手にしてくれないので公には言いません。高精度のクロックがなぜ低精度と比べて音が良いのか
いまだ確実な説明は無い。低精度と高精度を比べて聴いた結果が良いのは確かではあるのだが。
精度が高いということは高いための結果として○○が良くなる。その○○さえ確保すれば高精度クロックは必要無いということになってしまいました。
 

早くも応用の話が

 投稿者:KT@三重県  投稿日:2017年10月12日(木)20時30分23秒
返信・引用
  端子がRCAでしたら確かにアナログのピンケーブルが挿さりますので接続できますよね。
(ウチはデジタル専用で楽しませて頂きますが、、、)

USBはパイオニアが似たようなもの(空き端子に挿すので厳密には違いますが)を出しており6千円のものを試しましたがリベラメンテで固めている環境だと異物でしかなく一聴して、即、取り外しました。

LAN用は改善というよりは悪化を軽減する(発案者は良くなると言ってますが)ものしか無いので(要自作、某社が同じ中身の完成品を売ってますが高価)、他社に先んじて出せればインフラノイズ社の独壇場になるでしょう。

音がよくなるLAN端子用Xターミネーターとオープンピン
http://kanaimaru.com/NWA840/005.htm

ジャス専用も夢が広がり、いいですね。
JIMMY JAZZの焼き印を発注するか?レーザーマーカーで刻印するか?楽しみです。
 

デジアキュ

 投稿者:関係者  投稿日:2017年10月12日(木)17時47分11秒
返信・引用
  デジアキュ開発の最後の難関越えました。デジタルライン専用です。しかしアリエナイザーがそうだったみたいにいろいろ他の部分に応用されてしまいそうな形状していますので心配です。例えばアナログラインにそれを使っても害はないので効果があるとされるかもしれません。しかしそれは製作者が出来る限りのことをしてチューニングした結果とは違うもです。応用されるのは用途が拡がり販売側としては悪いことでは有りません。しかし努力の結果では無いので残念な気持ちが残ります。それで構想としてはUSB,LAN専用のものを開発するつもりです、もっと拡げてアナログ専用もという気持ちも有ります。またここまで来るとクラシック専用、ジャズ専用のデジアキュが先決かもしれません。ジミーさんのセンス?を入れてマスターサイン入りお墨付きジャズ専用デジタルアキュライザーというのも楽しそうです。用途以外のジャンルに使ってもメーカーは一切責任持ちませんという一言が必要となりそうな予感も。マスターはかなり若返っていることだし賛成してくれる確立は高いですね。  

ハイレゾの件

 投稿者:KT@三重県  投稿日:2017年10月 9日(月)00時20分52秒
返信・引用
  新製品が出るまでの繋ぎに、良く言われる可聴周波数以上の再生に意味があるのか?という問いに対しての記事が載ってますのでご参考に。
Webでは途中までしか読めませんので書店で立ち読みしてきました。
他に読みたい記事が無ければ、この見開き4ページの記事の為だけに購入する必要もないとは思います。


高音聞こえないオヤジにハイレゾ音源の意味はある?
~大学教授が回答
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1083636.html
 

やっぱりアナログリベラメンテ

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2017年10月 8日(日)04時19分3秒
返信・引用
  アナログリベラメンテのバランスケーブルが入荷してきました。アンバランスケーブルも良かったのですが、バランス接続の方が、静寂感が増し、細かい音楽の表情が読み取りやすくなります。これまでのアンバランスケーブルは有効活用します。
 

ブランドの継承と技術の継承で息の長い製品を

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2017年10月 2日(月)04時55分22秒
返信・引用
  一般論として小規模企業の場合はブランドの継承について常に不安がつきまといます。FALのH社長に「後はどうなさいますか?」と聞くと「ベートーベンは一代限り」という答えが返ってきました。だからといって大規模企業の場合も安心はできない。ブランドの継承はあっても技術の継承がない。場合によっては身売りで経営母体が変わってしまったり、国籍さえも変わってしまう。
オーディオの場合はブランドの継承や技術の継承がないと一部の熱狂的な支持者が困ることがあっても、一般人の生活や生命に拘わることはない。突然、当たり前に存在すると思っている粉ミルクや医薬品がなくなったらどうなるか?災害に備えて、在庫の確保や物流拠点の分散、長期的には、技術の継承と製造能力の維持をきちんとやるのが常識です。そのための「技術移転」と「知識管理」が経営を持続可能とするための要件です。オーディオはその点気楽でいいですが、カートリッジだけは何とか確保したいと思っています。現在、ある大メーカーの開発からマーケッティングまでの「情報移転」が不十分なことで悩まされています。
アスピリンは、起源をたどると天然物成分の利用で紀元前に遡ります。合成品は1897年創成ですが、知識の拡張により、適用拡大を続けて多くの恩恵を施してくれています。クレモナの楽器は製造技術の継承がなくとも、メンテナンスを続けて現在に至るまで人々を楽しませてくれています。オーディオもそこまでいかなくてもアナログのように息の長い技術が多くあってほしいと思っています。
 

供給の期限

 投稿者:関係者  投稿日:2017年10月 1日(日)06時50分57秒
返信・引用
  酒仙坊さんの心配されるインフラノイズ製品の入手の問題ですが、製作の後継者も無いので
ごもっともなことです。インフラノイズ製品のベースはオーディオ理論にあるのでは無く個人の感覚や
積み上げたノーハウにあるので一代限りになってしまいます。光悦カートリッジの菅野さんのように
製品のかたちが決まっており世界的に知られてしまえばブランドとしての存続可能性もあったことでしょう。
今のところご心配無用!今月末はアーチェリー全日本マスターズに参戦、優勝ねらってるくらいですから。
 

今さらアナログリベラメンテ?

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2017年10月 1日(日)04時51分53秒
返信・引用
  最近使い始めたDACにバランス出力があるのでLBA-1.3XLRを注文しました。供給可能か?と問い合わせたら、現行製品だが、他の注文が多いので少し時間がかかるとのこと。インフラノイズ復活を待ちわびていた方々が駆け込んできたもようです。高級カートリッジメーカーがその例ですが、オーディオも優秀な技術者の高齢化が進んでいるので、入手は今のうちということもあります。
 

M氏邸のアナログ

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2017年 9月30日(土)04時23分18秒
返信・引用
  関係者さんの投稿にあるM氏邸のアナログを聴かせていただきました。M氏はかねてから、Low Impedance/High Outputのカートリッジおよびそれにマッチングするトランスを物色されていましたが、Mt.T2さんのブログに最近紹介されている販売店での試聴の結果を参考に、カートリッジはMUTECHの RM-KANDA零(ZERO)を、トランスはMy SonicのStage1030の導入に踏み切られたとのことです。
Low Impedance/High Outputということとトランスとのインピーダンスマッチング、加えてトランスにFloating の切り替えSWがあって、事実上のバランス接続になっていることの利点があますところなく発揮されていました。
問題はないか?それはこちらの懐具合です。
 

レンタル掲示板
/42