teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


DACでも効果

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月11日(日)05時55分8秒
返信・引用
  PCで大きな効果があったので、その他ではどうかという興味が湧いてきます。SWD-DA20とmicro iDSDのDACで試してみました。PSI-1000は1枚しかありませんから、PCオーディオの再生はやめて、EMT981のCD再生とBZT-9000からのBS録画の再生を行いました。SWD-DA20にはGPS-777からのクロック入力とS/PDIF入力へのiPuriierSPDIFの追加、電源のiPowerへの交換を、またmicro iDSDにはS/PDIF入力へのiPuriierSPDIFの追加を行ってきており、相当に満足度は上がっていますが、わずかに残っていたディジタル臭さが消えて、音圧が上がったような感じで躍動感が出てきました。PC専用インシュレーターという謳い文句ですが、かなりの汎用性がありそうです。
 
 

SATAリベラメンテ+アリエナイザーはPCオーディオの決定打④

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月10日(土)12時10分58秒
返信・引用
  私のように、積極的にPCオーディオ・ネットワークオーディオをやっていなくても、リベラメンテシリーズをパソコンに投入すればそこにメインに匹敵するサブシステムが構築できました。

これは、大掛かりなメインシステムをかかえたオーディオマニアにとっても耳よりな話になるでしょう。

たとえ老齢になって断捨離を余儀なくされても、ガッカリするにはおよびません。

わたしも、これなら、メインをPCオーディオでやるよりも、普段使いのパソコンを音楽用にする方が合理的でより気軽に音楽を楽しめて良いと思いました。


実は、メインシステムを整理してパソコンデスクと合わせた一つのシステムにまとめようか、と、本気で考えました。

実行を思いとどまったのは、今のところ複数のシステムを使うだけの場所がとれているのと、今以上パソコンの前に座る時間を増やしたくなかったからです。

将来的にはパソコンでオーディオをやるようにシフトして、システムをコンパクトにまとめることになるかもしれません。

そうなっても、ノートパソコンじゃなくてSATAリベラメンテを使ったデスクトップにしたいですけどね。



さて、今のところはここまでですが・・・・・

追加発注したアリエナイザーを使ったメインシステムでの展開も、近々レポートしたいと思っています。

乞うご期待。
 

ハイレゾディジタル音楽ファイルの再生も

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月10日(土)04時50分41秒
返信・引用
  ストリーミング再生に続いて、外付けHDDやSSDタイプの音楽用NASからディジタル音楽ファイルの再生もやってみました。外付けHDDからはUSBリベラメンテで入力し、音楽用NASからはルーターを経由して、LANケーブルで入力します。この際と思ってLANリベラメンテも追加購入しました。
「PSI-1000別名アリエナイザー+USBリベラメンテ/LANリベラメンテ」の効果で5.6MHzDSD音源や11.2 MHzDSD音源の真価が発揮されてきました。アリエナイザーを敷いたPCがあれば、ネットワークプレイヤーの存在意義は?と問いなおしています。
 

SATAリベラメンテ+アリエナイザーはPCオーディオの決定打③

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月 9日(金)19時38分43秒
返信・引用
  アリエナイザー効果によって、昔に味わったある感覚がよみがえりました。

それがいつどこでどういうことだったのか?

そのTPOが思い出せないまま、しばらく聴き続けていたら・・・・・

ハタと気づきました。

真意を誤解されそうだけど、ここは一声叫んでおくことにします。

「そうだ!蓄音機(EMG)の音だぁああ!!」

それともう一つ。

もう亡くなられた音楽家・I先生のご自宅で聴かせていただいた音です。

こちらのスピーカはBBCモニターLS-3/5aでした。

マグナライザーがつながれていて、それを様々な敷物を重ねてチューニングしてあったっけ。


EMGにしてもI先生宅のシステムにしても、今聴くわけにはいかず、この記憶は確かめようがありません。

それに、こう書いたところで、聴いたことのない方々には全然伝わらないかもしれません.

でも言いたい。

あの感覚を彷彿とさせる音が、システム的にもっとも遠く離れているように思えるパソコンから出てくることが奇跡に思えます。



続く
 

ハイレゾストリーミング再生に必須

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月 9日(金)05時02分22秒
返信・引用
  ベルリンフィルDCHに続いて、PrimeSeatのDSD音源のストリーミング再生を実施しました。PrimeSeatのDSD音源の音の良いことはLANリベラメンテ導入の後、この欄で述べましたが、PSI-1000別名アリエナイザーの効果は如何に?と試みました。既に十分な音質を確保できていると思っていましたが、マグナライザーと交換しますと、まだ伸び代があったことが分りました。カルメン幻想曲のヴァイオリンとピアノ、ブルースみたいな曲のギターなど、まるでマイクの位置に座ったようなリアリティが再現されました。DSD録音音源の真価を知るには、LANリベラメンテとともにPSI-1000は必須です。
 

SATAリベラメンテ+アリエナイザーはPCオーディオの決定打②

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月 8日(木)22時17分26秒
返信・引用
  もうパソコンじゃなくなってしまった我が家のパソコン(ややこしい)は、メインシステム並みのステレオイメージを机上に生成してしまいました。

いくらありえないアリエナイザーと言えども、これ以上の何を起こせるんだろうか?と半信半疑のAquirax。

怪しまれるのを見越したネーミングなんだから、やっぱり効果あるんだろう。

意を決して、デスクトップパソコンの足の厚みをクリアするため、まず適当な大きさと厚みがある雑誌を見繕って床に敷きました。

そこにアリエナイザーを乗せ、さらに底面が当たるようにしてパソコンが置かれました。

ノートパソコンと違って底面とマザーボードの基盤が接近していないので、敷物の影響力にどれほどの期待ができるのか?


はじめのうちは、ちょっと詰まったような鈍い音になって聴こえたんですが・・・・・

この感じ、前にもあったあった。

昔RCAケーブルの自作をやっていた時、一時的にこんな変化が起こるのを体験しています。

劇変が始まる前の兆しとしてです。

ちょっとドキドキしながら聴いているうちに、みるみるうちに音に力がこもって、しかも抜けてきました。

机の上では収まり切れないほど広いサウンドステージが現れて・・・・・

小さなスピーカから出ているとは信じられない量感を持ってベースが弾み出し・・・・・

クリアでしかもふくよかな、良いとこ取りのようなサックスが鳴り響き・・・・・

何だか音の佇まいがまるで変ってしまうという"ありえない"現象が、予想通りに予想を超えて??起こっていたのです。


音質がガラッと変化するという体験は多々あれど、これほど都合よく?変わるのって初めてです。

変化してからの音、というか、音楽、これも以前どこかで聴いた感じがします。

どこだったっけ?



続く
 

SATAリベラメンテ+アリエナイザーはPCオーディオの決定打①

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月 8日(木)11時08分21秒
返信・引用
  まずSATAリベラメンテを結線した時点で感じたのは、「パソコンはパソコンだった」ということ。

これまでUSB-101やLANリベラメンテで改善されてきたのは、パソコン本体に対しては対処療法に過ぎなかったということです。

SATAリベラメンテではじめて根本にメスが入ったことで、もう無くなったと思い込んでいたレベルのわずかな(でも実は支配的だった)パソコン臭さがスッと退いてしまいました。

音楽専用として使っていたわけではなかったパソコンでしたが、音楽専用レベルとそれまで思っていたレベルを超えた"オーディオ機器"にコロッと変わってしまった感じです。

その意味でのメインシステムとの差が完全に無くなりました。

さらにメインが占有している各種リベラメンテをパソコンに投入してしまえば、引退後・音楽用(老人ホーム用?)オーディオが最高の次元で完成するでしょう。

まだまだ引退するつもりはありませんけど。



続く
 

アリエナイ効果

 投稿者:関係者  投稿日:2016年12月 8日(木)10時59分39秒
返信・引用
  「これまでのリベラメンテシリーズでも最大で、パワーリベラメンテやLANリベラメンテの時以上だと思う。部屋の空気や場のあり方自体が変わって、自分の装置から出ている音とは俄には信じ難いような不思議な感じがした。」との評価が届きました。長文ですのでインフラノイズのブログに行って見てください。http://www.infranoise.net/blog/  

PCがハイグレードのオーディオ機器に

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月 8日(木)04時46分7秒
返信・引用
  PSI-1000別名アリエナイザーが到着しました。早速、マグナライザーと交換してベルリンフィルDCHを再生。マグナライザーを超えるものはなかろうと思っていましたが、ディテールの再現、弦のしなやかさ、特にベルリンフィル大ホールに響くコントラバスやグランカッサの明瞭度などが違ってきます。シェラザード、マーラー3番、ブルックナー4番などオーケストラものを次々と聴いてしまいました。PSI-1000によって、PCがハイグレードのオーディオ機器に変身したのです。しかも画像付きで。PCを使う他の再生はもちろん、PC専用インシュレーターというメーカーの開発意図を飛び越えて、PC以外のもっと広範囲に適用してみる誘惑にかられています。  

やっぱり

 投稿者:aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月 6日(火)19時41分42秒
返信・引用
  正直、SATAリベラメンテだけで充分だろ、と思いつつ、アリエナイザーを敷いてみました。

だいたい形状からしてノートパソコン向きに見えるんでデスクトップ用に注文するのをためらっていましたが、でもやっぱり気になるもんね(笑

最初は「ありえないことはやっぱりありえないよなー」とか思いながら一曲聴き終え、何曲かとっかえひっかえするうちに・・・・・

「うわぁああああああ!!!来た来た来たぁあああああ!!!

まあ、それぞれのレビューは、少し落ち着いてから改めて、ということで。
 

SATAベラメンテとアリエナイザーが届きました!!

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月 6日(火)12時44分29秒
返信・引用
  今、アリエナイザーの方は温存して、SATAリベラメンテの結線だけを済ませて、二曲目を聴いているところです。

こ、これは・・・・・

また、ひとしきり大騒ぎさせていただくことになるかと(笑
 

発売日発表

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年11月29日(火)22時38分13秒
返信・引用
  アリエナイザー取り扱い説明書のページに

※12/1 JimmyJazz WEB先行予約ページにてSATAリベラメンテと同時発売!

との事で、いよいよですね。
”PSI-1000”と型番が振ってありますが「アリエナイザー」で行くのですね、楽しみです。

最後にマスター様、お体ご自愛下さい。
 

PC専用インシュレーター

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年11月16日(水)05時38分28秒
返信・引用
  音楽用PCはラップトップですので,SATAリベラメンテには残念ながら縁がありませんが、PC専用インシュレーターには興味があります。現在、インフラノイズのマグナライザーを使用していますので、比較するとなれば、同士討ちとなります。
 

LANリベラメンテで聴くHDの音とSATAリベラメンテへの期待

 投稿者:aquirax@tokyo  投稿日:2016年11月15日(火)15時59分51秒
返信・引用
  仕事で使うメインPCが一時不調となって新しくPCを組み立てた関係で、図らずも2台のPCを使う身となりました。

旧いPCから安いLANケーブルでルータに、そこからはLANリベラメンテで新PCへ、という接続で、
旧いPCのHDドライブに貯まったファイルにアクセスできるようにして、
音楽・動画ファイルを再生してみたところ・・・・・
これが今までで最高と思える音楽を奏でてくれました。

旧PCのLANケーブルを替えるという伸びしろはあるものの、
仕事用PCとしてはもうこれで良いかな、と思っていたんですが、
恐れていたタイミングで、新製品のインフォメーションが入ってるじゃないですか!(笑

自作PC派のAquiraxにとって何とも心憎い限りSATAリベラメンテ。
もう「仕事用」とか言うのやめにして、「引退後・音楽用」に特化するぞ、と堂々と宣言しちゃおうかと(汗
 

大阪ハイエンドオーディオショー/オーディオセッション

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年11月13日(日)23時22分16秒
返信・引用
  インフラノイズ社製品のおかげですっかり機器の買い替え欲というか不満は無くなったのですが、一応見てきました。

買い替える程ではありませんが面白かったのは

フランコ・セルブリン“Ktema(クテマ)”
http://www.arkgioia.com/ktema/index.html

ファルコンラボ
http://falconlab.jp/index.html

くらいでした。
ユキムが出展していなくてアンドリュー・ジョーンズ氏の新作SP"Uni-Fi SLIM LINE"は聴けませんでした。

あと遅れてしまい聞けませんでしたが

musikelectronic geithain
http://esfactory.co.jp/musikelectronic-geithain-gmbh/

SOULNOTE
http://www.kcsr.co.jp/soulnote.html

辺りです。
 

自作派には朗報

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年10月19日(水)23時13分11秒
返信・引用
  SATAリベラメンテの恩恵を受ける一人です。HDDとSSDの優位性論争が再燃する予感ですが、、、

ちなみに振動がないのでSDDが良いと思われがちですが
HDD(3.5インチ)>SSD>>HDD(2.5インチ)で
理由は3.5インチはサーボ等の制御電圧がDC12Vで信号ラインはDC5Vと別れているのが良いらしく
逆に2.5インチはどちらもDC5Vなので最悪、SSDは追記するたびに書き込み済データに影響するので磁気記録で追記に対して影響しないHDDに劣るとの事。

現実的にはデータのマスターはHDD(3.5インチ)に保管しておき、SSDは都度初期化してその日聞く分を一度に書き込むようにすると追記に対する影響を排除しつつSSDの刺身のようなエッジの効いた音の傾向も活かせるのですが、PCからの再生ならRAMディスクの方がSSDより良かったりするんですよね。

いずれにしてもSSDの載った高価なオーディオ用NAS等よりもSATAリベラメンテで直接PCからUSB-DDC出しが高音質な時代に突入するという事でサイフにも優しくありがたいです。

ちなみに個人的にはアリエナイザー(仮)表面の皮をPCケースのエッジで傷つけない為に
間に挟むまな板をIKEAで¥999で買ってしまった後に
ダイソーにMDFが¥100で売ってた事を思い出して後悔したりしています。
 

SATA ケーブル新発売

 投稿者:関係者  投稿日:2016年10月19日(水)10時51分56秒
返信・引用
  間も無くSATAリベラメンテが発売開始されます。
http://www.infranoise.net/
 

期待のインシュレータ

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年10月14日(金)03時15分5秒
返信・引用
  既にカタログから落ちてますがMUSICA社のHDD用インシュレータという物を所有しており
ソニー製ハードディスクオーディオレコーダーNAC-HD1に使用し効果の確認済ですが
今度の新製品は制振+電磁波対策という事で更なる音質改善が期待される模様で
鉄の塊の自作PCケースの下に敷くのは貧乏性なので気が引けますが、
多分、NASやHUBなんかの下に敷いても効果あるんだろうし大量購入しちゃうかも、、、
発売はボーナスが出てからでお願いします。
 

パソコン専用のインシュレーター?

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年10月12日(水)12時10分19秒
返信・引用
  パソコン専用のインシュレーター開発とのニュースがインフラノイズのHPでアナウンスされています。
http://www.infranoise.net/blog/
パソコン専用のインシュレーターというのは聞いたことがなく、通常は汎用インシュレーターやボードを使用することが多いようです。
http://blog.ippinkan.com/archives/20110324160023
当方も音楽用PCには同社のマグナライザーを使用しており、その前はTAOCの鋳鉄の汎用インシュレーターを使用していました。さて、パソコン専用のインシュレーターを入手できるとなれば、同社製品同志の対決となりますが、興味のあるところです。
 

ネットワークオーディオにもリベラメンテ

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 9月 8日(木)04時15分50秒
返信・引用
  ネットワークオーディオにおいてLANリベラメンテが大きな効果を見せることはオーディオ誌の記事で周知のことです。
http://www.infranoise.net/雑誌掲載記事/
今回、ネットワークプレイヤーなしのFIDATA HFAS1-S10とUSB DACの組みあわせのシステムを始めましたが、HFAS1-S10とUSB DACの間は、当然USBリベラメンテ、さらにはHFAS1-S10の電源ケーブルにもパワーリベラメンテを追加で購入してしまいました。いずれネットワークプレイヤー導入の際にはLANリベラメンテを使おうと考えています。
 

レンタル掲示板
/36