teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


複数同時使用の効果―その4―

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月19日(月)06時35分25秒
返信・引用
  複数同時使用の効果―その3―に引き続き、【CDトランスポート→CCV-5 →DAC】のルートで、DACに加えてCDトランスポートのSWD-CT10にPSI-1000を敷いてみました。さらに、クロックレシーバーCCV-5にも敷いてみました。CDトランスポートは【アクションパッド+制振金属+ハネナイトの自作3層インシュレーター】→PSI-1000の変更、CCV-5は【アクションパッド+JIプロジェクト】の自作2層インシュレーターからPSI-1000への変更です。結果、SWD-CT10とCCV-5とも効果のあることが分りました。CCV-5での効果は意外で、複数同時使用はやればやるほどすべて結果が出て、きりのない状態になってきていますので、どうやって選択と集中を行っていくかが課題です。
 
 

...回転体を持つものに有効

 投稿者:札幌のSさん  投稿日:2016年12月18日(日)13時22分2秒
返信・引用
   思い当たることがあります。新潟燕三条のハセヒロ工業さんが発売しているティラミスというインシュレーターがあり、事務所で聞かせていただいたところ、CDPの下に敷くと、スピーカーの間に展開していた音場が、スピーカーの上端を超えて広がるようになりました。
 敷いたり外したりして必ず効果があるので、不思議ですねと言いながら求めてきて、CDPの下に敷かずにPCの下に敷いたらやはり同じような効果がありました。お店からの帰り際、ハセヒロさんが「アンプでも何でもある程度効果はあるようですが、回転するものに敷くのが一番効果があるようです」と、同じことを話されていました。
 不思議な不思議なインフラノイズの製品たちは、振動の制御と、信号の純化(ノイズが入らないようにすること)がキーなのかしら。
 

Re: ゼロから揃える場合の一例

 投稿者:こうた  投稿日:2016年12月18日(日)11時55分47秒
返信・引用
  堺のKTさま、ありがとうございます!

USBリベラメンテはすでに愛用中です。SPリベラメンテは以前から興味はないったものの、なかなか高価なので躊躇しており、今回のセールでやっと発注しました。今月末には手元に来ると思います。
順番としてはスピーカー下のアリエナイザーとOS用のSATAケーブル、次いでWIFI用のLANかなと考えていますが、大筋では間違ってはいないようですね。
ドライブ用のSATAケーブルもどこかのタイミングで購入したいです。
アドバイスありがとうございます!
 

複数同時使用の効果―その3―

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月18日(日)04時56分47秒
返信・引用
  複数同時使用の効果―その2―に引き続き、【外付けHDD→PC→DAC】の3重連外付けHDDは御影石の表札の上にマグナライザーを3点支持で載せていますが、マグナライザーを外してPSI-1000を敷いてみました。今回も、PCとDACの2か所くらいで十分であり、三つ目の外付けHDDには不要ではないかと予想していましたが、外付けHDDの効果があることが分りました。回転体を持つユニットには効果がありそうです。
 

ゼロから揃える場合の一例

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年12月18日(日)01時39分19秒
返信・引用
  こうた様、レス頂きありがとうございます。
アリエナイザー発売後に書き込んでいる自分を含めた3人は全員ケーブル、アクセサリー類をインフラノイズ社製で固めており、自分の小型SPでのテストもSPリベラメンテとの併用効果であります。
ご予算もおありで悩ましいところですがSP使用前提でアリエナイザーを導入されるのであればSATAやLANより先にSPリベラメンテを揃えられる事をお勧めします。
PC(HDD内WAV再生)→USB-DAC→プリメイン→SPであるならば、購入優先順位の例として下記のように推奨します。
※ゼロから揃える場合の一例で既に良いケーブルをお持ちと思いますので、あくまで参考として御覧下さい。
(1)アリエナイザー×2、SPリベラメンテ
(2)USBリベラメンテ、アナログリベラメンテ(RCA,XLRインターコネクトケーブル)
(3)ACリベラメンテ、タップリベラメンテ、フィルタライザ(電源ケーブル交換不能な機器、ACアダプタの機器がある場合)
(4)SATAリベラメンテ、アリエナイザー(残りの機器用)
で、NASからの再生をされてなくyoutubeやPrimeSeat等のネットワーク再生を重視しない場合、LANリベラメンテは後回しで良いと思います。
逆にネット再生重視の場合、(2)にLANリベラメンテも加えて下さい。
趣味のものなので正解は一つではありませんが、良いオーディオライフを、お疲れさまでした。
 

複数同時使用の効果―その2―

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月17日(土)04時55分44秒
返信・引用
  PSI-1000のPCとDACの個々の適用の場合の効果については述べてきていますが、今回は追加発注分を加えて、【音楽用CDドライブ→PC →DAC】の3重連にすべてPSI-1000を敷いてみました。音楽用CDドライブはPlextor Premium 2Uで、既にそれなりの振動対策は取っています。ですから、PCとDACの2か所くらいで十分であり、三つ目のドライブには不要ではないかと予想していましたが、最初にPCに敷いたときの効果に類似の変り様でした。このラインでの再生は最近あまり聴いていませんので、ここにも追加するとなると悩ましいことになりました。
 

アリエナイオーダー

 投稿者:関係者  投稿日:2016年12月16日(金)10時51分22秒
返信・引用
  来年への夢がふくらんでいます。
アリエナイザーは皆さんのおかげで音楽ジャンルを選ばないと
評価されつつ有ります。しかしアリエナイザー以上のものはあるのでしょうか?
可能です、それはジャンルを絞り、再生装置の環境、個人的嗜好まで含めて
オーダーで造る一品物が!でもビジネスとして考える場合はいろいろ問題も有りますが
オーダーで受けて注文主が気に入らなければ返品可能とするなら?
やってみたくなってうずうずしてきています。
どうでしょうか?オーディオでは有り得ない製品かな?



 

複数同時使用の効果―その1―

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月16日(金)04時34分47秒
返信・引用
  すでにPSI-1000のPCとDACの個々の適用の場合の効果を述べていますが、追加発注分が来ましたので、ベルリンフィルDCHの再生に同時に使用してみたところ、相加的な効果が認められました。GPS-777からのクロック入力、iFIオーディオのノイズキャンセリングアクセサリー類などの効果も含めて、正直のところネットから圧縮で送られてきたものをPCで受けるオーケストラが、これほどのレベルに達するとは驚きです。
このサイトの書き込みをみていますと、諸氏の聴かれる音楽ジャンルは多岐にわたっているようですが、いずれのジャンルでも効果が認められていることから、PSI-1000はジャンルに共通な音の要素というか、ジャンルを超えた感性に訴えるものがあるようです。
 

Re: SP使用検証しました

 投稿者:こうた  投稿日:2016年12月15日(木)23時51分11秒
返信・引用
  堺のKTさま、実験ありがとうございます!
素晴らしい効果のようですね。
まだLANリベラメンテは入手していませんのですが、PCで聞くことがほとんどなのでそちらも購入したいと思います。
SATAが先になるかもしれませんが。
ありがとうございます!
 

結局何にでも使えるみたいです

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月15日(木)20時51分2秒
返信・引用
  パソコンの下、および、CDトランスポートの上に使用することで、自分のシステム内での定位置が決まった後も、アリエナイザーの用法の可能性を探っています。

とにかく面白いように音が変わるので。


今日は、安価な再生専用ブルーレイプレーヤーの下に使ってみました。

旧いプラズマテレビにつないでいるもので、音声はテレビ内臓スピーカで出しています。

どこもマニアっぽくない無造作な使い方です。

HDMI接続だと時たま瞬間的に音声が途切れる不具合が出るため、音声だけ別にアナログで出力しています。


敷いてすぐ、音声の明瞭度が上がって通りがよくなるのが判りました。

画質についての評価は自信喪失しているのでノーコメントです(苦笑

良くなるような気がするのは相変わらず・・・・・ってコメントしちゃいましたが。

自分のシステム内での費用対効果を無視すれば、ここにも使いたいと思えるレベルの改善です。

まして、日ごろ映像機器の音声に気を配っている方、CDプレーヤー替わりにDVD/ブルーレイプレーヤーを使っている方なら無視できないでしょう。


思うんですが・・・・・
パソコン専用を謳った製品なのに、汎用インシュレーター・音響改善対策グッズとして使えてしまうのが、もったいないというか、うれしいというか(笑

実現は難しいかもしれませんが、こういう製品がサイズ・形状違いで手に入れば、無限に応用が利いて、マニア("一部の"マニアと言うべきか)は大喜びだと思います。

たとえば、アナログプレーヤーのシートなんか、アリエナイザー方式で製作すると画期的なものができそうです。
 

SATAリベラメンテとアリエナイザーは動画にも効果的なのか?

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月14日(水)15時54分55秒
返信・引用
  はじめにSATAリベラメンテをつないだ時から感じていたんですが、書かないでいたことがありました。

パソコンで観る動画の動きが変わった気がしたのです。

画質についてはむしろ粗が目立ったように感じたんですが、動きは良くなったような。

散漫だったものが有機的につながるというか、人間の動きがいかにも人間っぽいというか・・・・・

ライブ映像などの聴衆の拍手の手の動きなんかが、それまでよりそれっぽく見えるような・・・・・

自分でも、ホンマかいな?と半信半疑です。

音を出さずに観るだけならどうか、とかやってるうちに、わからなくなりました(汗

DVD鑑賞がお好きで画質にこだわる方なら(Aquiraxはあんまりこだわらない)、適格に判断できるんじゃないかと思います。

プラシーボ?気の迷いかも?程度の話ですが、追試できる方は是非よろしくお願いします。
 

試聴対象

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月14日(水)07時48分24秒
返信・引用
  比較対象や試聴音源を詳しく書いていませんでしたので、下記に記します。
PC:マグナライザー→PSI-1000
DAC:【アクションパッド+制振金属+ハネナイトの自作3層インシュレーター】→PSI-1000
MC用ステップアップトランス:foQシート→PSI-1000
フォノイコ:アクションパッド→PSI-1000
試聴用音源は次のとおりです。
PC:ネットストリーミング(ベルリンフィルDCH・PrimeSeat)・DSDディジタル音源(外付けHDD収録)
DAC:DSDディジタル音源(PC経由外付けHDD収録)・DSDディジタル音源(音楽用NAS fidata収録)・CD(EMT981)・BS録画(ブルーレイレコーダー)
MC用ステップアップトランスとフォノイコはもちろんアナログ盤です。
追加発注分入手後には、外付けHDD、外付けドライブ、CDトランスポート、小型スピーカー、スーパーツイーターなどのテストを予定しています。
 

SP使用検証しました

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年12月14日(水)02時54分35秒
返信・引用
  アリエナイザー3枚持ちで小型SP(KEF LS50 50th Anniversary)所有なので予定になかったSPをテストしました。
再検証しやすいように権利者が公式に上げているyoutube動画で検証しました。
3枚目のアリエナイザーはPCに敷いたままです。

細野晴臣×坂本龍一 at EX THEATER ROPPONGI 2013.12.21 ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=B4Dr36D_10k

無し:インフラノイズ製品で固めているので普通にいい音、ブルーレイを買ってしまいましたが坂本のミスタッチが多い上にいちいち間違えたとマイクに向かって言ってしまうのが難
SP天板:全く想定していませんでした、こんなに変わる?各楽器の明瞭度が向上し、全体的に整理された感が高まり聴きやすくなりました。
SP底面敷:天板よりもさらにハイファイになり、躍動感も増しました、何で?

『ガルム・ウォーズ』予告 5月20日(金)ROADSHOW
https://www.youtube.com/watch?v=59SqTNkeYI8

無し:映画はB級ですが音楽は一流で再生難易度高く、映画館でも音程がズレてましたね(セリフが始まるまでの合唱部分)。尺も短く判りやすいのでデジタル系のチェックにはお勧め(LANリベラメンテ必須、てきめんに音程が変わります)。
SP天板:アレ?まだこんな音が入ってたの?埋もれた音が出てきました。
SP底面敷:埋もれた音はそのままにスケールアップ、壮大感が高まりました、何で?

Hiromi The Trio Project performing "Alive" (live in the studio)
https://www.youtube.com/watch?v=kR8HinFaQhk

無し:素晴らしい演奏です、コレもCD買いました、無しだとシンバルが若干シャリシャリかも、十分いい音です
SP天板:シンバル引っ込みました、聴きやすくなりましたがこのままではJAZZ向きではないかも
SP底面敷:シンバルも含め各楽器が若干前に出てきて楽しめる感じになりました、何で?

まとめ:アナログ系は使う予定がなく、SP用はハード系のインシュレータが多い中で柔らかいアリエナイザーの有効性は疑問視していたのですが完全に覆されました、無条件降伏です。
底面の方が効くのはネットワークの設置場所が近いからかも?と考えたりもしてますが、その仮説だとトールボーイの上に置いただけでは効果は限定的な可能性あり、底面に敷きたいけど耐荷重や安定性も考慮すると安全の面から怖いかも。。
どのみち追加購入はするつもりでしたが枚数が確実に2枚増えます、数量決定して近日中に発注します、お疲れさまでした。
 

アリエナイ効果に汎用性はあるのか?③

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月13日(火)19時19分8秒
返信・引用
  アリエナイザーの用法は、パソコンに対しては「いいから黙って敷け」で良いと思います。

他の機器については「敷いてみて聴いて判断」「敷かずに載せるのもありかも」という試行錯誤が必要です。

音の変化に悪くなる要素は一切感じられません。

現状が気に入っているならトレードオフはもったいないんで、効果を重ねるような使い方を探るのが良いように思います。

ターゲットとなる機器にアリエナイザーが直に触れていさえすれば、効果は得られると思います。

効果はわかりやすいので、よほどインフラノイズ社の価値観・世界観と合わないという人でなければ劇的改善と感じると思います。

具体的な音の印象としては・・・・・
演奏の表情がハッキリする、
音に包まれる感じがハンパない、
低域の量感が上がる、しかも、それがもたつかず軽々と出てくる、
定位は明解、いわゆる分解能も上がるが音が硬くならない、
といったところでしょうか。

ただしインフラノイズ社の製品に使用した場合、音や音楽に対する価値観・世界観が被っているためだと思いますが、劇的変化ではなく、同傾向で向上させる方向に働くように聴こえました。

具体的にはパソコン本体の天板に乗せたUSB-101に敷いてみたんですが・・・・・
明らかに良くはなるものの、効果の半分以上はパソコン天板の制振じゃないか、という感じを受けました。


というわけで、結論は、アリエナイ効果に汎用性あり、パソコン以外の使用はユーザーの工夫次第、です。
 

お返事ありがとうございます!

 投稿者:こうた  投稿日:2016年12月13日(火)16時45分30秒
返信・引用
  酒仙坊さん、お返事ありがとうございます!
ぼくも検討してみたいと思います!
 

アナログ再生系でも効果

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年12月13日(火)05時32分44秒
返信・引用
  DACでも効果があったことからアナログ再生での効果を調べてみました。対象はフォノイコとMC用ステップアップトランスです。フォノイコはiFIのiPhonoで、トランスはOrtofonのST-7で試してみました。ともに一音一音がくっきりとしてアナログらしい躍動感が出てきました。ディジタル再生系だけではなくアナログ再生系でも効果ありと言えます。
こうたさんがご関心をもっておられるスピーカーへの適用ですが、当方も関心があります。現在、アリエナイザーが1枚しかありませんので、追加発注し、タンノイのオートグラフミニでテストする予定ですが、年を越してからとなります。結果が出次第、ご報告いたします。今のところは、1枚をあちこち移動させながら、効果の大きい適用箇所を探っているところです。
 

アリエナイザーのSP使用について

 投稿者:こうた  投稿日:2016年12月12日(月)11時24分44秒
返信・引用
  みなさま、はじめまして。
西宮市在住のオーディオ趣味の者です。
できましたらお力をお貸しくださいませ。
表題の件ですが、どなたかスピーカーの下に敷かれた方はいらっしゃいませんか。
というのは、現在B&Wの旧い小型スピーカー、matrix805を使用しています。
現在その下に敷くボードを検討中で、ほぼウェルフロートに決定したつもりでしたが、何かこのアリエナイザーもPC以外にも使われている方もいらっしゃるようですので、もしかしたらウェルフロート以上に良いのではと妄想しております。
ご意見いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
 

ウイーンフィルの音

 投稿者:関係者  投稿日:2016年12月12日(月)11時09分37秒
返信・引用
  再生音ではなかなか出せないウイーンフィルの音がアリエナイザーで出たらしいです。
アリエナイザーは通常の使用ではシールの貼ってある側が裏面です。
http://ameblo.jp/audioniravana/entry-12227356671.html
 

アリエナイ効果に汎用性はあるのか?②

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月12日(月)08時49分11秒
返信・引用
  アリエナイザーはかなり効きの大きなインシュレーターです。

すでに対策済みの機器に使った場合、特にそれまでの対策グッズと入れ替えた場合、現状を大きく変化させます。

未対策の機器に使って悪くなる兆しは一切無く、素晴らしいとしか言いようがありません。

そこで、それまでの対策グッズの効果を温存させた上にアリエナイザー効果をプラスしようという強欲なことを考えたAquirax。

外付けCDドライブに毛の生えたような中華製CDトランスポートの筐体の"上"にアリエナイザーを乗せてその上から適当なボードを乗せ重しを乗せるという計画を立案したのでした。

このトラポ、すでにマグナライザーにも使われている特殊フェルトとアクションパッド、その他を使って3点支持にしています。

謂わばインシュレーターで挟み込む"サンドイッチ計画"ですね。


さて、ここは引っ張らずにあっさりと結果をお伝えします。

大成功でした。

良いとこ取り、やってやれないことはありません。

あり合わせのボードを使ったんで見かけはナンですが、出てきた音・音楽は素晴らしい!

パソコンで驚かされた効果が、目論見通り、現状の良さを損なわずに上乗せされています。

音楽ジャンルを問わず、それぞれの音楽の持ち味をより積極的に伝えてきますので、聴いていて本当に楽しい!!

今回特に感心したのは、弦楽曲の良さです。

クラシックを専門に聴く方はたまらないだろうなあ、と、雑食系音楽ファンのAquiraxでもわかりました。



続く
 

アリエナイ効果に汎用性はあるのか?①

 投稿者:Aquirax@tokyo  投稿日:2016年12月11日(日)15時23分53秒
返信・引用
  パソコン専用を謳って発売されたアリエナイザーですが、さっそくマニアの皆さんによってパソコン以外への応用が試みられています。

Aquiraxはまだまだマニア未満ながら強欲者なので、追加で届いたもう一枚をメインシステムに使って、ああでもないこうでもないと試しているところ。

ただ、さすがにメインシステムだけあってインシュレーターによるチューニングはやれる限りやってきました。

それも大部分がインフラノイズの製品・チューニンググッズを使ってセッティングしているわけでして・・・・・

屋上屋を重ねるようなことで、果たしてハッキリと改善といえる効果を得ることができるんでしょうか??



まずは、システムとしては下流にあたるパワーアンプの下に敷くことにしました。

我が家のメインシステムではずっと業務用アンプを使ってきました。

今は、ついこの間いきなり活動を停止した前任アンプに替わって安価なベリンガーA500を現用アンプにしています。

替えて間もないアンプの音の変化には敏感になっていますから、試聴には好都合です。

これまではマグナライザー3点支持のセッティングでしたから、インフラノイズの同士討ちになります。

交換して聴き始めた時の印象はどう転んでもアリエナイザーの分が悪いような・・・・・

というか、マグナライザーによって得られていた音の見通しの良さや開放感が失われた感が強くて、ショックが大きすぎます。

しばらく放っておけばまだまだ変化するのはわかっていますが、このセッティングは深追いしないことにしました。


実は他に確かめたい所があってそっちを優先することにしたわけで、要するに気が急いていたのです。

勝手な思い込みかもしれませんが、アリエナイザーはどちらかと言うと上流から詰めていくのが良いように思えます。

Aquiraxが一番試したかった箇所は・・・・・・そう、CDトランスポートです。



続く
 

レンタル掲示板
/36