teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


タップ、その後

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2015年11月27日(金)12時49分29秒
返信・引用
  昨夜の投稿の後も、どんどん音が良い方に変わっていったのですが、今日になって聴いてみると変化がさらに明らかに。
おとなしくなったように感じるのは変わりませんが、低音が出るようになっていて、わずかに音量を上げることでまるで別世界になりました。
次々に繰り出されている楽器の音が見えるように明確で余韻が消えるまで追えるほどです。
またそれらの楽音の絡みがとても美しく、各パートの動きも明快です。
デジタル系のパワーリベラメンテはこれまでも驚くほど良く効いていましたが、タップまで替えることでさらに底上げされるのが判りました。
それまで使っていたタップは、わずかに押しが強い分、本来の音楽の美しさがスポイルされていたようです。
結局、音色、ダイナミクス、音程、ハーモニーのどれをとっても改善されていて、文句のつけようがありません。
少なくてもデジタル信号系の電源ケーブルは、タップも含めてリベラメンテで揃える必要があると、あらためて痛感しました。
 
 

FL-7の扱い

 投稿者:関係者  投稿日:2015年11月27日(金)11時01分7秒
返信・引用
  FL-7の使い方で効果の大小、逆巻き、設置場所の電磁誘導など
細かいことは最初は考えずともかく変化のあるところで使ってみることです。
巻き方とか方向は使用する人の好み、主に聴く音楽によって正反対になることは
珍しく有りません。むしろ正反対の音がコントロール出来ることが凄いことだと
考えるべきです。楽器が演奏を左右するのではなく奏者が最終的に演奏を決めるのと
同じです。例えばマスターと関係者がオーディオ装置を調整する場合、ケーブルの方向や
極性、巻き方向などが正反対になることはかなりの割合で予想しています。
録音のマイクセッティングは奏者の音の出し方で変わるので戸惑います。
どのようなイメージで音を出してくるのか読まないととんでもない結果になります。
ジャズピアニスト、ジョンルイスの弾くバッハの平均律とリヒテルの弾く平均律は
根本的に違うのです、音楽の捉え方が違うのです。オーディオも深いところに入ってくると
これは必ず起こります。FL-7はまさにそれなのです。壁やオーディオ機器に貼り付ける
チューニングアクセサリーなどよりさらにさらに正反対の現象が音に現れるものとして
捉えてください。
 

本物はやはり良いですね

 投稿者:堺のKT  投稿日:2015年11月26日(木)21時38分0秒
返信・引用
  ついさっき、到着しましたので、まずはご一報
先ずは一か所、ACアダプタ~CDトランスポート間に巻いて音を出し始めたところです。

実は先日、アクションパッドを入手して、その上に色々なものを挟んだ上にCDトランスポートを載せて試してますが、本日フィルタライザーが加わり、手を入れるたびに出てくる音が良くなりいい感じです。

週末はタップリベラメンテに繋ぎ変えてフィルタライザーもあちこちに巻きまくって、追加購入したACリベラメンテも使ってケーブルの整理で忙しくなりそうです。

この度は、良いものを開発頂き、ありがとうございました。
 

フィルタライザーとタップリベラメンテ

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2015年11月26日(木)20時47分7秒
返信・引用
  本物のフィルタライザーがタップリベラメンテと一緒に我が家にやってきました。
まず、フィルタライザーをパワーアンプの電源コードに使用してみました。
メインシステムでは珍しくパワーリベラメンテを使わずにベルデンのシールド電源ケーブルで昇圧トランスから給電していたのです。
これは、非常によく効きました。音程が明確になることで楽音が明瞭になり、実に美しく響きます。
ベルデンの良いところをそのままにして、音楽性が豊かになる感じです。
これなら、よほど聴くツボが狭くないかぎり、フィルタライザー効果をきらう人はいないと思います。

その他、メインシステムの電源ケーブルのほとんどがパワーリベラメンテなのですが、デジタル系をまとめているタップ(ケーブルはベルデン)をタップリベラメンテと交換してみました。
そこまでしないで、タップはパソコン系に使う、というのもありですが、やっぱりやってみたいですよね。
つないだ第一印象は少しソフトになった感じで、JJのMasterのブログ記事と近いのかもしれません。
ただ、ケーブルの取り回しが大きく変化した分、全部のケーブルが落ち着くまでは時間がかかるので、まだ大化けする可能性があります。
数日は様子見で行こうと思います。

誘惑??としては、パワーリベラメンテにフィルタライザーを使うという技がありますが、さすがに人柱になるのは勇気が要りますねー(笑
 

念願の201

 投稿者:札幌のSさん  投稿日:2015年11月26日(木)16時20分31秒
返信・引用
   タップリベラメンテが評価を固めつつあるところを横目に見つつ、このたびやっと、USB-201をオークションで譲っていただけることになりました 喜んでおります ばんざい

 現状windows7でPCを使っていますが マスターがこの間MacのOSを入れ替えたら認識しなくなったとか…今後、windowsのOSはどんどん上がってゆくのでしょうが、こういう点だけがちょっと心配であります
 

JJクリスマス'15

 投稿者:大@神戸  投稿日:2015年11月25日(水)23時08分47秒
返信・引用
  ドタバタしていて忘れていましたが、
今年のJJクリスマスはいつにしましょうか?

ご都合良い日程を連絡下さい。
 

ステレオ誌

 投稿者:関係者  投稿日:2015年11月20日(金)10時25分34秒
返信・引用
  ステレオ誌12月号にタップリベラメンテとフィルタライザーだけで
CDプレーヤーの音がハイレゾみたいになったと村井裕弥さんがコメント。
少しはフィルタライザーまゆつば度が下がるかな?

 

インフラノイズのマスタークオリティCDR第5弾

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2015年11月17日(火)05時11分47秒
返信・引用
  同社のホームページによれば、録音も再生も難しい合唱を対象に「音楽再生能力チェックCD」を目指したということのようで、インフラノイズから挑戦状をたたきつけられたという気持ちです。
当方の装置も、パワーリベラメンテやGPSクロックなどのインフラノイズ製品に加えて、EnigmaのSopraninoを装備してグレードが上がったと自負していますので、逆にこの「音楽再生能力チェックCD」と称するものを評価してやろうという気持ちが湧いてきました。
さて到着後、EMT981のプレイヤーで音出しをした瞬間に、これはもう通常のCDとは別の次元であると感じました。まるで11.2MHzDSD録音の音源を聴いているような実在感が聴き取れるからです。この年代の女性特有の若々しい一人一人の歌い手の声の質感の、しかも声の違いが聴き取れるほか、ステージの空間表現が素晴らしく、歌い手の位置関係が手に取るように分かります。ディジタル録音でももともとここまで録音できており、CD化のプロセスでも努力すれば録音された時の鮮度を維持できるということが分かりました。「音楽再生能力チェックCD」に対して、パワーリベラメンテを投入してハーモニクスの表現能力が上がってきたこと、この夏以来EnigmaのSopraninoを追加して高音部の再生能力が進歩してきたことが、このCDの評価に効いてきているものと思われます。
 

ハイブリッドインシュレータ(笑)

 投稿者:堺のKT  投稿日:2015年11月14日(土)19時58分54秒
返信・引用
  確かに納品まで結構掛かるのですが、安物の打楽器(GPSの効果も絶大です)でラックスのSACDPくらいは超えた感があり無駄打ちは避けたい為、学生時代に購入し死蔵させていた鉛筆に巻いてみました。

空芯コイルを作った上で8本挿入すると(打楽器がΦ25なので、きちんとΦ30を守ってません)、悪くないですね、蛍光灯よりはいいです。

とはいえ音のにじみと低域のレスポンスの悪化がありましたので打楽器に戻しました。

この打楽器は「本物」が届いたらTVにでも使う事にします。
 

不要になったタップの使い道

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2015年11月14日(土)04時52分5秒
返信・引用
  パワーリベラメンテを使うために新たにKOJOのタップを購入したため、オヤイデのタップが余ってきました。なんとか、別のところで使いたいのですが、オヤイデのタップは音が曇ってしまうように感じます。幸い、巻き付け可能な程度の柔軟なケーブル付きですので、このケーブルを自作フィルタライザーに巻いてみました。このオヤイデのタップからPCの電源を取ってPCオーディオの音を巻く前と巻いた後で比較してみたわけです。すると巻く前と巻いた後で、その程度は機器の電源ケーブルの場合ほどではありませんが、音が変ることが分かりました。タップリベラメンテを超えるようなことは、まずないでしょうが、サブシステムかどこかで使ってみようという気になりました。
 

懲りずに自作継続中

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2015年11月13日(金)15時19分27秒
返信・引用
  タップリベラメンテとフィルタライザーが発売されたようですが、まだ入手できておらず、自作品の評価を継続しています。フィルタライザーの原理そのものの真偽を確認するために、2ケ所で自作フィルタライザーとブランド品ケーブルとの1:1比較を行いました。1ケ所はPlextorの音楽用CDドライブのACアダプターの電源ケーブル、もう1ケ所はMYTEKのDACの電源ケーブルです。あえてメーカー名も出しますが、現在使用中のもので、前者はZONOTONEのメガネ電源ケーブル、後者はKINBERの電源ケーブルを対照として比較します。これらをありあわせの付属ケーブルに戻して、東急ハンズで購入した中空の筒に巻いてみましたところ、ガルネリで弾くバッハの無伴奏パルティータやモーツアルトの弦楽四重奏などを聴くと、細かい倍音のニュアンスやボウイングの表情の描写はあきらかにブランド品ケーブルを超えています。なお、ブランド品ケーブルは押し出しが良く、ちっと聴きの印象で強く訴えるような音作りをしていることも分かりました。ブランド品ケーブルは太すぎて巻くのは困難ですので、当面付属ケーブルと自作フィルタライザーを使用しながら、今後の製品版の入荷を待つことにします。
 

さっそく注文しました

 投稿者:堺のKT  投稿日:2015年11月11日(水)00時41分33秒
返信・引用
  受注が開始されましたので2.6mタップとフィルタライザーを発注しました。
これで主要なリベラメンテシリーズはほぼ出揃いましたので、ケーブルや機器をとっかえひっかえして悩む日々からは解放されます。

リベラメンテシリーズは決して安くはありませんが、試行錯誤の時間を買っていると思えば決して高くはないしAETやトランスペアレント等の高額品のケーブル沼に落ちてしまえばとんでもない額を散財してしまいますので、疑われる方は、まずは外しても痛くない額のフィルタライザーから始めましょう。

受注開始されましたので購入した代用品を公開します。「クラベス」という打楽器、パーカッションの類です。
皆様の機器で有効かどうかは保証できませんのでメーカー、型式は公開しません。
当てればフィルタライザーよりも安価ですが、楽器であるがゆえに音楽的響きは管理されていますがケーブルに巻くために作られている訳ではないので片っ端から購入して試す費用でフィルタライザーを購入した方が幸せになれると思います。

自分は受注開始までの繋ぎと自作するには楽器作りのスキルが必要であるという事の確認を取るために購入しましたので、いまさら代用品探しをするくらいなら素直に「本物」を買うべきです。
 

価格と性能とその評価

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2015年11月 9日(月)10時23分55秒
返信・引用
  楽器や真空管の価格は間違いなく本当の価値を現しています。楽器はプロフェッショナルが選びますし、真空管は長年月をかけて評価が定まってきたものだからでしょう。しかし、一般のオーディオ機器に関しては、必ずしもそうではないようです。評価と言う点ではオーディオジャーナリズムが取り上げるAwardがありますが、グランプリ受賞製品を聴いてがっかりする場合が結構あります。そして現実に翌年どこにいったか分からないようなケースもあります。それゆえ、オーディオ機器に関しては、オーディオ誌の記事不信、賞不信、そしてブランド不信になってしまうこともありがちです。かく言う小生も、昔はオーディオ誌の記事を信じてL社のアンプをいくつか買い込みましたが、手元に残っていません。また、現在でもマッキンのアンプやM社のディジタルプレイヤーを持っていますが、ほとんどSWを入れる機会がありません。日常聴くのは、数十年前の真空管アンプや四半世紀前のスイングアームメカのプレイヤーです。理由は簡単です。コンサートに行って帰ってきたら、こちらの方が耳に馴染むからです。しかしながら、昨今のハイエンドは音楽ジャンルを限定すると、蠱惑的な魅力を発揮する場合がありますから、ケースバイケースとも言えます。また、ライターの先生方も本音でガレージメーカーの製品を推奨し、ご自身も使用されている場合がありますので、すべてオーディオジャーナリズムが商業主義に毒されているとも言えません。60年代後半から70年代のSS誌を見ると、ブラインドテストがあったり、測定値が出ていたり、ライターの先生方もかなり辛口の評論をされています。オーディオジャーナリズムが健全化すれば、そこからオーディオの生き残る道が見えるかもしれません。それにしてもタップリベラメンテとフィルタライザーは遅いですね。

 

タップリベラメンテが早急に必要です

 投稿者:堺のKT  投稿日:2015年11月 9日(月)00時16分17秒
返信・引用
  実は例の代用品に換えると音数は増えたのですが広域の伸びがなくなりましたので100均で延長コードを購入し余っているもう片方(通常ペアで使うものです)を6回巻き付けACアダプタ(本体に直接コンセントが付いているタイプ)とテーブルタップの間に挿入すると上も下もしっかり出るようになりました。
タップはFURMAN社のSS-6Bという金属製のものですが、アダプタを直接挿すと悪影響があるようです。

今回、たまたま変化が出やすい安価なCDトランスポートをテスト中でしたので代用品とはいえ一定の変化が出ておりますが、代用品を電源に絶縁トランスを備えた通常の装置に用いてここまでの大きな変化が確認できるかどうかは分かりません。
代用品による実験はあくまでフィルタライザーを挿入する狙いと効果を出荷前に事前に理解するのが目的で、「本物」が手元に無い以上、ヒントと実験を元にした予測の範囲でしかありませんが、代用品でこれだけ変化がある事が確認できた以上、巻き付ける目的で専用に響きをチューニングされた「本物」のポテンシャルに期待は高まるばかりで受注開始を心待ちにしております。

同様にタップリベラメンテにも期待が高まります。
GPS-777やCCD-6、CCV-5を挿す為に6口、8口の製品があると助かるのですが、、、
 

値段の差

 投稿者:関係者  投稿日:2015年11月 2日(月)10時40分52秒
返信・引用
  ヴァイオリンはただの木の箱です。made in ○○○○なら以前3000円くらいで有りました。
ところがクレモナの銘器なら10億くらいのが有ります。どちらもただの箱、写真に撮って
みたら大差は有りません。真空管もスピーカーユニットも構造、姿は同じなのに全く違う。
この差はなんなのでしょう。どうも素材ではなさそうでしょう。素材、形をそっくりにして
みてもだめだろうというのを解っておられるオーディオマニアは少ない。でもヴァイオリンの世界なら演奏家はそっくりにしても無駄というのは殆どの方知ってます。オーディオでは素材が好きみたいで素材さえ選べば勝ちとあまりにも幼稚な考えが多いです。

これはオーディオ誌とライターとメーカーのせいでそうなったのは間違いないでしょう。
 

代用品探しは終わりにします

 投稿者:堺のKT  投稿日:2015年10月31日(土)19時04分59秒
返信・引用
  関係者様、貴重なヒントをありがとうございます。
ヒント(というよりほぼ答え)を元に自作はムリと考え、¥950で「ある既製品」を通販で発注、さっき届きましたので蛍光灯と交換するとダマになっていた音が分離され解像感が高まったのを確認しました。
購入した代用品は本物のフィルタライザーの発送が開始されてから公開します。

ケーブルで静電容量は変わりますので真空や空気、木材の誘電率の差でここまでの変化があるようでは製品化できないと思っておりましたので、理屈が分かり納得するとともに発注開始を心待ちにしております。

そのものズバリではありませんが参考のリンクを貼っておきます

コンセントで音質が変わるのはなぜですか。またお勧めのコンセントはありますか。
http://kanaimaru.com/AVQA/11/q110906.htm

ケーブルのヘソと音質調整  その2  ヘソ・チューンの実際]
http://kanaimaru.com/Cable/C010.htm
 

巻き枠

 投稿者:関係者  投稿日:2015年10月28日(水)14時18分43秒
返信・引用
  皆さんのお考えになっておられる巻き枠ですが手当たり次第試すというのも時間のムダでしょうから少し解説してみます。入力トランスやスピーカーネットワークのコアとは異なり電気的な作用のためではなく単なるコイル形状保持です。ただし相手は音質的な配慮のないACケーブルですので巻き枠の無いという意味のコイルだけだと空芯?コイルではケーブルのダンプがなく素材の固有音が出ます。電磁的な働きに加えてこの固有音を音楽に有害でない音質に変えてしまうのがフィルタライザーです。だからトイレットペーパーの芯や木棒では殆どの場合、素材の固有音が付くのでコイルだけ,空芯?のほうがよほど良いということになります。真空管も同じことで音楽的な完成度のないもの、駄球ならガラスの音や内部の電子的な役割から離れた共振が固有音となります。これもまた空芯のほうがよほどマシということになりかねません。しかし銘球は動作していなくても不思議なことにその共振による固有音は素晴らしく空芯よりはるかに良いということになります。本物のWE300Bなどはその典型です。  

真空管に拘るわけではありませんが・・・

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2015年10月27日(火)05時41分52秒
返信・引用
  TELEFUNKENのEL-34に加えて、松下電器時代の6CA7やSYLVANIAの6L6GCなども引っ張り出して使っています。ACアダプターでは、前後のACケーブルとDCケーブルの両方に効果があることが分かりました。音楽専用にしているPCのACアダプターに使っていた、見栄えは良いが太くて巻けないZONOTONEのメガネケーブルは別のところに行ってしまいました。城下工業のDACのSWD-DA10に電源を供給しているFIDERIXの電源ユニットの電源ケーブルとSWD-DA10にクロックを供給するGPS-777の電源ケーブルにも使って、ベルリンフィルのディジタルコンサートホールのベートーベンチクルスを聴いていたら眠ってしまいました。いろいろな局面で効果があるようですので断じてオカルトのようなものではありません。ブロックフレーテではどうか?、望遠鏡は?、オロナミンCの瓶は?、竹輪は?なんて馬鹿馬鹿しいことも思い浮かびますが、理屈を解明してほしいし、それよりも早く製品を供給してほしいものです。
 

なんちゃってフィルタライザー試聴記

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2015年10月26日(月)21時27分11秒
返信・引用
  真空管でもなんでもないただのダンボールの芯に6ターン巻きで、フィルタライザー効果の片鱗を体験してみました。
まず、DVD再生専用にしている旧型デジタルハイビジョンテレビと廉価DVDプレーヤの電源コードと接続コード、
次に仕事用PCのスピーカの専用アンプの電源コード(ACアダプタ付き)に施しました。

この際、サブハーモニクスとか難しいことは考えず、すぐにわかった効果を書いておきます。
上のどちらのケースも、小音量時の音量感が圧倒的に上がりました。
音量を絞っても絞っても明瞭度があって聞きやすく、夜間など、気が付くとヴォリュームを絞りきる寸前まで音量を落としています。
こんな経験は初めてです。
テレビの画質も明るさや色の濃さを増して質感も生々しく感じられます。
これだけのことで音や画像の明瞭度やダイナミクスが目に見えて上がるとは思いませんでした。
 

むくの木オーディオショー

 投稿者:堺のKT  投稿日:2015年10月25日(日)23時34分30秒
返信・引用
  連投ですいません、ZANDEN社製品とドイツから二千万円超で個人輸入したというCESSARO ベータ2(帰ってからCESSARO社HP確認しましたが記載なし)という超弩級ホーンスピーカを聴いてきました。
組んでいるインポーターがアンプやスピーカを入れ替えながらの試聴というハンデの中、心斎橋のオーディオショーのインフラノイズ様以外のどのフロアよりも良い音でコレを鳴らせるZANDEN社のアンプが良いのは分かりましたが、このホーンスピーカを鳴らすハコが必要なので非現実的と思われます。

半年に一回やっているそうです。
むくの木ホール(写真に写っている赤いホーンがそれです)
http://mukunoki-hall.com/
 

レンタル掲示板
/35