teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


LANリベがやってきた④

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2016年 6月 7日(火)11時25分7秒
返信・引用
  今日は、めずらしくPrimeSeat流しっぱなしで仕事をしています。

普段聴かないとはいえ、昨日、LANリベ初体験(逆つなぎ)で、夕方の放送をしばらく流していたから、違いは分かったつもり。


まず、昨日、ずいぶんいい音だと思ったPrimeSeatですが、弦の響きにリベラメンテらしいハーモニー感が希薄なのが気になっていました。

音はきれいなのに、どこか硬い。

誤解を恐れずに言うと、高額高音質ケーブルにありがちな「残念な音の良さ」に通ずる感じを受けました。


それが、正しくマーク側を上流にして聴いた今日は、リベラメンテらしさ全開。

いわゆる高音質なんぞは軽くクリア。

それをさらに超えたところにある表現の妙がこれでもかと伝わってくる再生になっています。

まあ、これまでのリベラメンテシリーズの実力からすれば、この脅威の表現力が当たり前なんですが。


YouTubeでも感心したピアノ演奏ですが、PrimeSeatで聴くピアノも、これまでに聴いたことのないレベルで、本当に文句のつけようがありません。

お仕事PCでの再生なのに、これはメインシステムをしのいでいるなあ。

配信されるソースのクオリティの高さを見せつけられました。

あー、今鳴ってる弦も管も、めっちゃええ感じやん。


うーん。

これだと、CDなんか流すよりもネット放送のストリーミング再生を聴く方が良い、と思う人が増えて当然でしょう。

いやいや、こう言うべきです。

LANリベなしでそれをするのは、宝の持ち腐れである、と。



 つづく
 
 

LANリベがやってきた③

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2016年 6月 7日(火)06時12分0秒
返信・引用
  さて、正しくつないだLANリベの実力はいかに?

YouTubeの履歴をたどって、前と同じ音源を聴いていきました。
いわゆる音の良さということではあまり変わらない。
しかし、逆方向だった時になかったしなやかさのようなものが感じられます。
何を聴いても、音の良さ以上に、演奏の表現力に引き込まれます。

特にハッキリしたのは、ピアノ協奏曲でのピアノのタッチ。
まるで別物になっていました。
逆方向の時には音色のピアノらしさや硬質な打鍵を良さと感じたのですが・・・・・
正しく接続すると、微妙な和声の表現の違いに愕然とします。
ああ、こんなふうに弾いていたのか!!

これは是非、PrimeSeatを聴いてみたいと思いましたが、ウチでは夜間は回線が遅くなって再生されません。
残念ですが、昼間の放送を待つことになりました。


 つづく
 

LANリベラメンテでPrimeSeatのDSD配信が変りました。

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 6月 7日(火)05時47分5秒
返信・引用
  長らく待っていたLANリベラメンテがやっと届きました。この欄で紹介してきたPrimeSeatの5.6MHz DSD配信音源がLANリベラメンテでさらに真に迫った演奏になりました。演奏だけでなく、MCのナレーションや演奏者との会話も目の前で話しているようです。今後のPrimeSeatのDSD配信が楽しみになりました。
 

LANリベがやってきた②

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2016年 6月 6日(月)18時59分7秒
返信・引用
  堺のKTさんの昨日の投稿を読みながら、血の気が引いていくAquirax(大袈裟)。

下流側(PCの入力端子側)にマークが来るように接続していたことに気づいたのでした。
もちろん説明書を読んだ上での解釈だったのですが、考えすぎだったかも。

早速、インフラノイズさんに問い合わせたら、やっぱりAquiraxの勘違いだったとわかりました。

転んでもただでは起きぬ。
まだまだ、LANリベの真価はこんなものではなーい!!
さっきのショックは、さらなる期待へと変わっていったのでした。

・・・・というわけで、今、ようやく接続をやり替えたところです。

さて・・・・


 つづく
 

LANリベがやってきた①

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2016年 6月 6日(月)18時08分13秒
返信・引用
  注文していたのは3mタイプ。
それを無線LANルータとPC間につなぎました。
あつらえたような長さで、無理なく配線完了。

普通に起動して、できるだけさり気なく(笑)YouTubeに接続しますと・・・・・
ギクッとするような鮮烈な音色で70年代ポップスが鳴り出して、いまさらながらビックリ。
やっぱり驚愕レベルの高音質なのか!

ハイクオリティのソースもと、今度はプライムシートに接続。
アナウンスの声が超リアルで、弦楽器の妙なる響きが美しい・・・・・
・・・んですが、こちらは想定内ともいえるような。
プライムシートは普段から滅多に聴いてなかったから、まあいいか。

一息ついて、この掲示板を読んでいたら、あれれれれえええ・・・・・


  つづく
 

試聴感想

 投稿者:関係者  投稿日:2016年 6月 6日(月)14時31分33秒
返信・引用
  LANリベの試聴感想が届きました。
スタートが大事なのでうれしいことです。
http://www.infranoise.net/blog/
 

届きました

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年 6月 5日(日)16時20分10秒
返信・引用
  素早い納品、ありがとうございます。
無事に届きましたので、とりいそぎ音を出し始めた処です。
低域が多すぎると思ってよく見るとケーブルの向きを間違えておりました。

NAS→HUB→プレーヤ

が信号経路なので、マーキングのある端子をそれぞれ上流(この場合、各々矢印の左側の向き)に繋ぐとクリアになり本領発揮です。


ちなみにタブレットやスマホの類を所有していないのでWINDOWS PCよりfoobarにDLNAプラグインを入れて操作しています。
メーカー非推奨ですが、手持ちのPCを活用したいし、PCはただのリモコンですので音楽信号の経路からPCを排除でき、悪影響がありません。

Olasonic NANO-NP1のコントローラーにfoobar2000を使ってみた
http://kimagureman.net/archives/24098
 

PrimeSeatのDSD配信

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 5月19日(木)14時30分37秒
返信・引用
  Blue Coast Records Live in the Studioというスタヂオ録音の5.6MHzDSD音源が5月6日から3月期間限定で配信されています。先のブルーコーストレコード 10周年記念ライブコンサートはサパークラブでの演奏でしたが、今回はスタヂオ録音だけあって録音条件が良く、音質はさらによくなっており、リアルそのものです。MCのナレーションを聞いていると、ライブのWeb-castingであるとか、DSD配信は米国で初めてだとか、特別な経験なのでミュージシャンにとってチャレンジングだとか、いろいろ言っています。ボーカルとギターだけでなく、会場のエコーとか、MCや演奏者の発音まで目の前で話してくれているようです。こういった環境が現実になってきましたので、LANリベラメンテにますます期待がかかります。
 

ついに発表

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年 5月11日(水)22時36分31秒
返信・引用
  LANリベラメンテがついに正式アナウンスされました。

長さのバリエーションもこれまでにない0.8mの短いものが用意される一方、10mの長尺も対応されるので、機器セッティングの幅が広がり、悩ましいですが、月末が楽しみです。
 

PrimeSeatのベルリン・フィル・アワー(2週目)

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月24日(日)04時46分59秒
返信・引用
  PrimeSeat では前週に引き続き「ベルリン・フィル・アワー」が配信されました。ベルリンフィルのアーカイブから48kHz/24bit PCM音源で、2012年5月10日、11日、13日収録から、曲目はシューマン「ゲノフェーファ」序曲、ベルク「アルテンベルク歌曲集」、ベルク「ヴァイオリン協奏曲」、シューマン「交響曲第2番 ハ長調」で、演奏はクラウディオ・アバド指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 、イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メゾソプラノ)でした。ファウストのヴァイオリンとオッターの歌唱が大ホールに響く様がよくわかりました。
 

JJ's BBQ 2016

 投稿者:大@神戸  投稿日:2016年 4月23日(土)07時42分6秒
返信・引用
  今年も暖かくなり、ついにこの時期がやってきました。
黄金週間です。そうです、JJ's BBQ 2016です!
神戸は西神中央でのBBQ開催もここ2年程続けており、
今年も同様の開催を検討しています。

皆さんの参加可否と開催希望日をご連絡下さい。

ちょっと連絡が遅くなり申し訳ありません。
 

PrimeSeatのベルリン・フィル・アワー

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月17日(日)05時29分58秒
返信・引用
  PrimeSeat では昨日から新番組「ベルリン・フィル・アワー」がスタートしました。ベルリンフィルからコンテンツ提供を受け、PrimeSeatで配信するものです。ベルリンフィルの定期演奏会収録プログラムが48kHz/24bit PCM音源で提供され、今回は2010年8月27日収録のラトル指揮ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲第4番とマーラー交響曲第1番 を聴くことができました。音質的には5.6MHz DSDのようにはいきませんが、それでもライブ感は伝わってきます。
 

PrimeSeatのDSD配信の音質

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月16日(土)07時48分21秒
返信・引用
  PrimeSeatの5.6MHz DSD配信の音質については賛否の評価が分かれていましたが、賛の方に一票が加わりました。ストリーミング再生ですから、LAN環境とPC環境が音質に大きく関わってくるようです。インフラノイズのブログ欄によれば、LANケーブルの要素が大きいとか。
 

ベルリンフィルディジタルコンサートホールのハイレゾ配信

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月13日(水)13時33分28秒
返信・引用
  ベルリンフィルディジタルコンサートホールのハイレゾストリーミング配信の再生に一応成功しました。ディジタルコンサートホールのサポート係とのメールのやりとりで、ブラウザがYahhooでは駄目で、Chromeでうまくいきましたが、現在の無線LAN環境では、高周波数のソースは音質は良くなるものの音切れが目立つようになります。今週の週末はPrimeSeatの側からベルリンフィルディジタルコンサートホールのコンテンツのプログラムを聴く予定です。

 

PrimeSeatの情報と音質向上

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月12日(火)05時16分8秒
返信・引用
  PrimeSeatの情報は以下のサイトにあります。
http://www.phileweb.com/news/audio/201512/21/16759.html
http://www.phileweb.com/interview/article/201603/25/358.html
PrimeSeatを主宰するIIJとベルリンフィルの提携のニュースが、下記サイトにでています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000070-impress-ind
http://www.phileweb.com/news/d-av/201604/08/38571.html
一方、音質についてはLAN環境やPC環境に問題があることは、PCオーディオ一般と同様ですが、タップリベラメンテ、フィルタライザーに加えてiPurifier DCの効果が相乗的に働きました。LAN環境機器にはタップリベラメンテ、PCには3者を適用しています。現在、LANリベラメンテ開発を待機中といったところです。
http://ifi-audio.jp/ipurifierdc.html
 

プライムシート再生できました

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年 4月11日(月)22時33分3秒
返信・引用
  Vista以降のWindowsであればWASAPI対応ですが、無料の専用ソフトウェアの動作環境が7以降対応のようです。
OSが古すぎるとインストール不能かもしれませんが専用ソフトウェアさえインストールできれば
DSD対応のオーディオデバイスがなくても、この専用ソフトウェアが自動的にダウンコンバートしてくれるので
最悪PC標準のサウンドカードからでも音は出るようです。
ウチの安物USBDAC付きパワードスピーカからもPCM44.1kHzで音が出てきたので敷居は低いですね。
OSはWin8.1(64bit)です(そろそろWin10が安定してきたのでそのうち無償アップグレード予定)

良いものを教えて頂きありがとうございます。
 

PrimeSeatのDSD音源の受信再生

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月10日(日)05時10分7秒
返信・引用
  DSD対応DACとしては、micro iDSDとMYTEK DIGITAL 192DSDでASIOの設定によりDSD音源の受信再生が可能でした。USB-201ではWASAPIで44.1KHzPCMにダウンコンバートして再生できます。
昨日は上野の東京文化会館で開催された、ベルリンフィルのメンバーによる室内楽のライブ中継を5.6MHzDSDで受けて聴いていました。現状でもかなりのクオリティですが、こうなるとLANリベラメンテの効果への期待が一層高まってきます。5.6MHzDSD配信は、画像付きの圧縮で送られてくるベルリンフィルのディジタルコンサートホールやBS放送より音質的に超えているように感じます。無料もしくはチケット代金より安い適価の課金で、このような多くの生演奏の配信が自宅にいながら聴けるようになればありがたいことだと思っています。
 

待望のLANリベラメンテ

 投稿者:堺のKT  投稿日:2016年 4月 9日(土)22時52分49秒
返信・引用
  LANケーブルは、対応インフラノイズ製品が無いので出ないと思っていましたが
鋭意開発中との事で、期待が膨らんでおります。

ものぐさで放置しておりますが東和電子製ネットワークオーディオプレーヤNANO-NP1と
OAグレードとしては音が良いとされるNASとハブは用意してますので
最低2本は購入決定です(NAS~ハブ~プレーヤ)

ちなみに最近はフジヤエービックで買ったコレをUBSリベラメンテ+フィルタライザーで鳴らしております

A2+ Powered Desktop Speakers, White
http://audioengineusa.com/Store/Powered-Speaker-Systems/A2-plus-W-Powered-Desktop-Speakers
 

PrimeSeatの受信

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2016年 4月 7日(木)05時14分0秒
返信・引用
  昨日、現在の環境(光回線、LAN、PCおよびDSD対応DACなど)のままでPrimeSeatのDSD配信を問題なく再生できることが確認されました。DSDライブ録音の5.6 MHzと2.8MHzのソースをオンデマンドで聴いてみましたが、非常にリアルで、5.6 MHzと2.8MHzの音の違いもはっきりしていましたので、DSD配信を間違いなく受けているものと思われます。インフラノイズのリベラメンテシリーズの実力は重々承知していますので、LANケーブルも大いに期待されます。今後、ライブの中継放送のDSD配信など、いろいろ聴いていこうと思っております。
http://primeseat.net/ja/


 

LAN

 投稿者:関係者  投稿日:2016年 4月 6日(水)12時13分30秒
返信・引用
  驚きの連続です。
まさかネット配信の限界がLANケーブルで決まっていたとは!
解決できる策が見つかったので早く情報を伝えたいと焦ってます。
でもいいことなんでお許しください。
http://www.infranoise.net/  先ほどアップしました。
 

レンタル掲示板
/37