teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:26/834 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

思い出しました

 投稿者:Aquirax@Tokyo  投稿日:2017年12月23日(土)12時09分29秒
  通報 返信・引用
  70年代半ばに出ていたマイナーなオーディオ誌(『ハイファイ・レビュー』だったかと)に、
ケーブルの試聴特集記事が載っていました。
ちょうどPCOCCを使ったスピーカケーブルなんかがもてはやされ出した頃です。

その中で、ある批評家が、
本来必要でない箇所に使用してみて音質変化が少ないものほど良い線材だ、と評していました。
いわゆる「0メートルのケーブル」を理想にするという考え方ですね。

また、別の批評家は、
部材線材、どんなものでも替えれば音が変わるが、
その些細な変化を感性に引っ掛けつつ総合的に評価・判断して聴くに堪えるものにしていくのであって、
材質やスペックだけであれこれいうのはナンセンスだ、と書いていました。
その良い方の例として挙がっていたのは、
当時、ジェームス・ボンジョルノがGASというブランドを立ち上げて発表したパワーアンプ「アンプジラ」でした。

いろいろな方向からの率直な主張が載っている雑誌でしたが、程なく廃刊に追い込まれました。
オシャレな雑誌ではなかったので時流に合わなかったんでしょうが、
それだけに(笑)日本のオーディオ界の実情をよく反映していたように思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:26/834 《前のページ | 次のページ》
/834