teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/702 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ハービー・ハンコックに挑戦(4)

 投稿者:酒仙坊  投稿日:2017年 4月26日(水)04時54分12秒
  通報 返信・引用
  M氏からのケルンコンサートの挑戦への返礼としてハービー・ハンコックとアンジェラ・ヒューイットを聴いてもらった結果ですが、次のようなことでした。
A(SICP-4261・4262 1978年録音)は、YAMAHAのようでもあるし、NYスタンウェイのようでもあるしということで不明
B(UCCU-5568 1996年録音)は、FAZIOLIのようでもあるが、スタンウェイのようでもあるしということで断定はできない
C(LC06868 2010年録音)は、録音もよくFAZIOLIであることは確実
なお、Jazzの演奏では、ピアノの音色の特色を活かす弾き方をしているかどうか、また仮にそうであっても録音の過程でリバーブとかの処理が入って本来の音色が変ってしまっている可能性もあるというご意見でした。
また、B氏から画面ではっきりとFAZIOLIを弾いていると分かる2006年のライブ動画の紹介を受けましたが、この場合、音質だけでは確信を持てません。良い音源と適切な再生方法が揃わない限り、軽々に判断しないように注意しています。
https://youtu.be/oLU87og4QsE
アンジェラ・ヒューイットについてのM氏のコメントは、明らかにFAZIOLIであることは分かるが、演奏もしくは録音がFAZIOLIの特色を生かし切れていないようだということした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/702 《前のページ | 次のページ》
/702