teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


独作文演習

 投稿者:TS  投稿日:2017年 1月27日(金)23時52分29秒
  成る程、nichtの位置については度々悩まされてきたのですが、納得しました。
夜分遅くに失礼しました、ありがとうございます。
 
 

独作文演習 >1L3-6/P1-2の5番について

 投稿者:谷口  投稿日:2017年 1月27日(金)23時28分37秒
編集済
  はい。Sei so faul nicht und~ では間違いになります。ここは模範解答の通りに書いてください。述語用法の形容詞というのは、常に文末に置きます。全文を否定するnichtであっても、述語用法の形容詞がある場合はその直前に置きます。Er ist krank.(彼は病気だ)の否定はEr ist nicht krank.(彼は病気ではない)となります。命令文になっても同じ理屈です。(補足:5番のケースでは問題文に「そんなに怠けていないで」とあるので、nichtは「そんなに」というsoを否定することになります。つまり一種の部分否定ですから、否定したい語soの直前におかなければなりません。)
 

独作文演習 1L3-6/P1-2の5番について

 投稿者:TS  投稿日:2017年 1月27日(金)22時22分33秒
  「そんなに怠けていないで」の模範解答例が
Sei nicht so faul und~ とありますが、nichtの位置はSeiの後ろで確定ですか?
Sei so faul nicht und~ では間違いになるのでしょうか。お返事のほどをよろしくお願いします。
 

>(無題) ヤキソバさん

 投稿者:谷口  投稿日:2017年 1月27日(金)17時09分35秒
  (1)II式で代用するのは、あくまでも「間接話法」に限った話です。「要求話法」の場合はどんなときにもかならずI式です。B04やB05で倒置しているのは、直説法現在と誤解されるのを防ぐためです。
(2)これは気が付きませんでした。ごめんなさい。IIIの8番ですね。Figurenです。今訂正しておきました。ご指摘ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:ヤキソバ  投稿日:2017年 1月27日(金)16時46分42秒
  (1)接続法の用法について
要求話法の文章について、I式と直接法現在の区別がつかない動詞の場合、II式の形に動詞を変えて使わなくてもいいのですか。
EX)接続法例文集(理学部)のB05の「Gehen」など。
(2)平成25年度の1L3/P2の後期のIIIの3番の解答が「Frauen」になっております。訂正お願いします。
 

>過去問について

 投稿者:谷口  投稿日:2017年 1月22日(日)07時33分30秒
  どうもすみませんでした。いま正しいものに差し替えておきました。点検はしていたつもりですが、まったく気が付きませんでした。連絡ありがとうございました。  

過去問について

 投稿者:nzm  投稿日:2017年 1月21日(土)15時49分37秒
  先生のホームページから、1L1・L2 文法クラス 平成27年度後期試験を開くと、1T13 文法クラス 平成27年度後期試験が出てきます。データの差し替えをお願いしたいです。  

>(無題)

 投稿者:谷口  投稿日:2016年 7月24日(日)23時07分0秒
  28番の件
そのbesuchenを引いて「4格支配」と書いてあるのは、「前置詞inが
4格支配になる」という意味で書いてあるのではなく、動詞besuchen
自体が4格目的語をとるという意味で書いてあるのだと思います。
つまりこの28番の解答例に即して言うならば、meinen Onkelがそれに
当たります。besuchenは他動詞ですので、当然4格目的語をとるわけ
です。
 

(無題)

 投稿者:ok  投稿日:2016年 7月24日(日)21時20分25秒
  ご回答ありがとうございます。35番納得しました。28番なのですが、辞書でbesuchenを調べると4格支配となっていました。どういうことかよくわかりません...  

>質問です。

 投稿者:谷口  投稿日:2016年 7月24日(日)19時17分0秒
  28番の件
ドイツ語のbesuchen「訪問する」は、運動や移動を表す動詞ではないのです。「人をbesuchenする」というのは、「人のもとを訪れて、一定の時間を一緒に過ごす」という行為を意味します。その人の家に着くまでの移動のプロセスは、表に出てこないのです。したがって、「訪問」という行為が行われる「場所」を
表すだけなので、4格支配ではなく、3格支配となります。

35番の件
gehenでも正解です。しかし、手段が明示されていない場合でもfahrenを使うことはあります。ケース・バイ・ケースですが、湖へ行くという場合、車か公共交通機関などを使う場合が多いでしょうから、fahrenを使った解答例を示しておいたのです。

 

レンタル掲示板
/3